前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

食物アレルギーによるアナフィラキシーについて

 食物アレルギーとは、原因となる食物を食べることで体がアレルギー反応を起こし、さまざまな症状を起こすものを言います。乳幼児に多く、成長とともに少なくなっていきます。

 原因食物は、乳幼児では、鶏卵>牛乳>小麦の順番に多いですが、成長とともに食べられるようになることが多く、その後は、ピーナッツやソバや果物などが増えてきます。
 皮膚・呼吸器・粘膜・消化器・循環器、それに神経などに症状が現れることが多いのですが、これらが組み合わさった全身のアレルギー症状をアナフィラキシーと言います。血圧低下を伴う場合は、アナフィラキシーショックとなります。
 医療機関外で起こった場合は血圧が低下しているかどうか判断しづらいため、意識障害があればショックと判断します。

 診断で重要なのは問診です。問診で大体の原因食物を推測し、裏付けとして血液検査や皮膚テストを行います。また、最も信頼できる検査が食物経口負荷試験です。この検査では、原因と考えられる食物を実際に摂取して症状が出るかどうかをみます。重いアナフィラキシーを引き起こす可能性もあり、本人または保護者から同意を得て、強い症状が起きたらすぐ対応できる体制で行います。

 診断がつけば、除去食が基本になります。過敏性の程度に応じた除去が必要であり、微量でも症状を起こす可能性があれば完全除去を行います。一方、過度な除去食を行って、栄養障害や生活の質を落とさないようにする必要があります。

 学校や保育園では、食物アレルギー児への対応の取り組みも必要です。どのお子さんが、どんな食物アレルギーを持っているかを正確に把握することが第一で、家族や職員との間で話し合いの機会を定期的にもつことが重要です。また、献立・調理・配膳・給食といった場で気を配ることや、緊急時マニュアルの作成が必要となってきます。
 ご家庭においても、出現する症状に応じたアナフィラキシー対応プランをもらっておくことをお勧めします。あらかじめ、緊急時に受診する病院に紹介状を持参するのもよいでしょう。
 また、学校や保育所の職員の方は組織的に研修を行い、火災や地震のように日時を決めて、アナフィラキシーへの対応に関する訓練を行ってもらえればと思います。


◎ 著者プロフィール
氏名:大石 拓(オオイシ タク)
所属:高知大学医学部小児思春期医学
役職:助教

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る