前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

糖尿病網膜症

 網膜は眼の中に入ってきた光の明るさや色などを感知する役割を持っている視力に関わる非常に重要な組織ですが、糖尿病ではこの網膜の血管の変化に伴って、様々な異常が出てくることがあり、糖尿病網膜症と呼ばれます。

 糖尿病網膜症は、大きく3つの段階に分けられます。
 (1) 単純網膜症と呼ばれる初期のものでは、網膜に小さな出血が見られたり、毛細血管と呼ばれる細い血管の変化などが現れたりします。しかし、この段階での自覚症状はほとんどありません。
 (2) 前増殖網膜症と呼ばれる中期のものでは、網膜の血管が広い範囲で詰まるため、血液が通わない状態になり、多くの網膜の細胞が障害を受けてしまいます。かすみなどの自覚症状が出てくる場合もありますが、全く自覚症状を認めない場合もあります。
 (3) 増殖網膜症と呼ばれる重症なものでは、新生血管と呼ばれる異常な血管が出現してきます。新生血管は通常の血管とくらべて非常にもろく、眼球の中に大出血を起こしてしまうことがあります。また網膜の表面に増殖膜と呼ばれる病気の膜が現れ、網膜を引っ張って網膜剥離を引き起こすこともあります。視力低下も認めます。

 治療法に関しては、初期の段階では内科的な血糖コントロールが中心となります。しかし網膜症が進行し中期の段階になると、レーザー治療を行う必要があります。レーザー治療は血液の流れが悪くなってしまった網膜を焼いていく治療です。このレーザー治療により、次の段階で出現する新生血管を予防します。
 さらに進んだ増殖網膜症の場合では、手術が必要となる場合も多いです。

 その他、糖尿病網膜症の特殊な病型として、糖尿病黄斑浮腫というものがあります。これは、視力に一番大事な網膜の中心部である黄斑(おうはん)に水がたまることによって、視力低下を招いたり、見え方が歪んでしまったりするものです。
 最近では眼球の中に薬を注射する治療が行われるようになり、以前よりも治療の効果が高くなってきていますが、それでも視力低下が起きてしまう事もあり、注意が必要です。

 糖尿病網膜症は非常に怖い病気と言われておりますが、早期に適切な治療を行うことができれば、多くの場合は失明を予防することができます。定期的な眼科受診を心がけるようにして頂ければと思います。


◎ 著者プロフィール
氏名:西内 貴史(ニシウチ タカシ)
所属:高知大学医学部附属病院 眼科
役職:助教

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る