前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

車の運転に注意が必要なお薬について

 最近、「薬による副作用と自動車事故の関連」について報道されることがあります。

 薬は、病気を治療する作用とともに副作用を合わせ持っています。副作用には、めまい・急な眠気等、自動車の運転が正常に行えなくなるものがあります。
 薬の説明書に「自動車の運転等危険を伴う機械の操作をすることの禁止や注意」がされている薬は、使用により安全な運転等ができない可能性があり、症状が一時的な場合は、運転等に影響を及ぼす可能性があるため注意が必要、とされています。

 自動車の運転等が禁止されている薬には、不安を軽減する薬や睡眠薬、てんかんの薬等があります。運転等をする際注意が必要な薬には、降圧剤や鎮痛剤・風邪薬等があります。
 症状が出現した時は無理して運転をせず、症状が治まるまで休憩してください。

 アレルギーの薬を使用する方も増えていますが、効果と共に眠気・集中力の低下が認められることがあるため、運転禁止・注意の薬が多くあります。

 運転等に関する制限は、病院の処方薬に限らず、薬局等で購入できる市販薬も同様です。市販薬は、使用前に必ず薬に同封されている説明書を確認してください。

 糖尿病を治療する薬は、食事を摂るタイミングや薬を飲むタイミングが遅れると血糖が下がりすぎ、眠気や冷や汗・強い空腹感・震え等の低血糖症状が出現することがあるため、運転等に注意が必要とされています。生活や食事を規則正しくし、薬を正しく服用することで、ある程度防ぐことが可能です。
 もし、自動車の運転中に低血糖の症状が現れた場合は、すぐに安全なところで停車し、ブドウ糖等をとり、症状が改善するまで無理に運転を再開しないようにしてください。

 点眼薬の中には、一時的に目がかすむものがあります。症状出現時は、改善するまで自動車の運転等を控えてください。一部の抗真菌薬等でも内服している間、目の見え方が変わる薬があるので、注意が必要です。

 交通事故が起こると、取り返しのつかない結果になることがあります。寝不足や疲れが重なり、副作用が強く現れることがあります。
 「前に大丈夫だったから今回も大丈夫」と思わずに、客観的な判断を受け入れ、運転できるか判断して下さい。

 自動車の運転がやむを得ない場合等は、運転等への影響が少ない薬への変更が可能な場合もあるため、かかりつけ医・薬剤師へご相談ください。


◎ 著者プロフィール
氏名:長﨑 志津(ナガサキ シヅ)
所属:高知大学医学部附属病院 薬剤部
役職:薬剤師

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る