前のページに戻る

よろず相談

47.左足のかかとが痛みます(平成27年4月17日掲載)

質問
 1年余り、左膝からふくらはぎ、かかとにかけてしびれ感があります。特にかかとはジャンジャンとした痛みがあり、足の裏全体が冷たく、血が通っていないように青白いです。整形外科でレントゲン検査を受けましたが、異常はないとのことでした。
 長年、左のかかとに重心のかかるような仕事をしており、そのころから違和感はありました。考えられる病気を教えてください。(65歳女性)

回答

 ずっと症状が続き、ご心配でしょう。しびれ感、痛み、冷たさ、青白さという症状を起こす病気の中で一番気になるのは血管の病気です。特に動脈です。

 足を養う血液は心臓から送り出された後、脚の付け根、太もも、ふくらはぎ、足へと動脈を通って届けられますから、このどこかで動脈が細くなったり詰まったりすると、そこから先で血液が不足します。ちょうど正座をして足がしびれるような感じです。
 このような病気は「閉塞(へいそく)性動脈硬化症」といい、動脈硬化で起こります。高血圧、糖尿病、高脂血症などが長年続いた人や、たばこを吸い続けている人に起こりやすい病気で、60歳ごろから次第に増えてきます。

 ご自分でできる簡単なチェック法を紹介しましょう。足で動脈の拍動を触れやすい場所が2カ所あります。足の甲と内くるぶしの後ろです。「足背動脈」と「後脛(けい)骨動脈」です。
 まず症状のない右足で拍動が触れることを確認しておいて、症状のある左足と比べてみてください。明らかに左の方で拍動が弱いなら、動脈の病気があるかもしれません。もし両方の足で同じようにしっかりと脈を触れるなら、血管の病気である可能性は低くなります。このような病気は、血管外科が専門で診ています。

 血管の病気以外でも、神経や筋肉の病気でこのような症状が出ることがあります。脊椎の辺りで神経が圧迫される病気(腰椎ヘルニアなど)や、左足をずっと酷使して筋肉や筋膜に異常を来した結果、このような症状が出てくることもあります。これらは整形外科が専門です。

 同じ所で同じ症状がずっと続いているのは、おそらく何らかの病気がある可能性が高いですから、血管外科か整形外科に相談してください。原因を突き止めて治療の判断をすることができるでしょう。血管や心臓の病気について当科のホームページに載せていますので、参考にしてください。


◎ 著者プロフィール
氏名:渡橋 和政(オリハシ カズマサ)
所属:高知大学医学部 外科(二)
役職:教授

「よろず相談」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る