高知大学医学部附属病院

★ ★(震災対応)医療支援チームを派遣(3月19日〜4月29日まで) ★ ★


   高知大学は、東日本大震災発生当日の平成23年3月11日(金)にDMAT(災害派遣医療チーム)として、医師等5名を被災地域へ派遣しました。
 それだけでなく、このたびの震災による被害の大きさをかんがみ、継続的に支援を行える体制を整え、医師、コメディカル、事務職員等で構成する医療支援チーム(3〜5名)を3月19日から切れ目なく派遣しており、4月29日までに第10班までを編成し、延べ160名を派遣する予定です。
 派遣された医療チームは、被災地医療支援のために組織された石巻赤十字病院等による石巻圏合同救護チームの一員として、主に宮城県石巻市の鹿妻・渡波地区で医療支援を続けています。
 それ以外にも、精神科医師や法医学医師の派遣要請にもこたえ、大学が一丸となって支援を行っています。

          

  (左)DMATのミーティング
  (右)救急車に運び込まれる被災者

          

  (左)石巻赤十字病院でほかのチームの医師と協力して診療に従事
  (右)病院職員から激励される派遣メンバー

>>戻る