骨盤機能センター

骨盤機能センターでは、便失禁(便漏れ)、
便秘、尿失禁(尿漏れ)といった
排泄障害に悩む患者さんの診療を行っています

国立大学病院では初導入

骨盤機能センターとは…

どんな検査Q&A

診療のながれ

お問い合わせ


多くの方が自覚する排泄にかかわるこれらの症状は生命には関わりませんが、
生活の質を大きく損なうものです。
高知大学医学部附属病院はあらゆる面から患者さんの生活の質を向上させるため、
大学病院として初めて骨盤機能センターを開設しました。

診療は、便失禁(便漏れ)、便秘、尿失禁(尿漏れ)でお悩みの方が対象です

骨盤機能センターとは…

排泄障害の患者さんを診察するところです

骨盤機能センターの名称は、「骨盤内(下腹部)の臓器すなわち直腸、膀胱、子宮、
骨盤底の筋肉、尿道・肛門括約筋などの機能的な異常によって生じる病気を
診療する専門施設(センター)」に由来します。高知大学医学部附属病院の
骨盤機能センターでは、このうち、便失禁(便漏れ)や便秘,直腸脱といった
大腸や肛門に関連した症状(排便障害)と尿失禁(尿漏れ)や膀胱脱といった
泌尿器に関連した症状(排尿障害)にお悩みの患者さんを診療します。
また排泄障害を持つ女性の中には、膣脱や子宮脱など女性に特有の症状に悩んでいる
患者さんもいらっしゃるので、そのような場合には産科婦人科とも協力して総合的に診させて頂きます。




「排泄障害」は恥ずかしいものではありません!誰にも相談できない、治らないとあきらめないでください

 排泄障害は、日常生活に多大な影響を及ぼす状態でありながら、患者さん自身が
検査や治療を求めて医療機関を訪れることはあまりありません。その理由の一部には、
生命に関わらない病気であることや患者さん自身の羞恥心があります。もっと重要なことは、
正しく診断・治療すれば症状が改善・治癒する可能性が高いということの認識が
医療関係者の中でも低いために、患者さんに情報提供されていない点です。
排泄障害は、その原因を診断し、原因に応じて生活指導、薬物療法、肛門括約筋訓練、
手術などで適切に治療すれば、70%の方で症状が改善・治癒します。

どんな検査Q&A

肛門を締める括約筋のさ強や直腸の感覚を調べます。
検査では、直径0.5cm程度のチューブを肛門内に挿入して肛門内の圧力を測定し、その後、小さな風船を
直腸内で膨らませて 直腸の感覚を調べます。
※検査のための食事制限や下剤の服用、
浣腸などは不要です

経膣分娩や肛門手術による肛門括約筋の断裂が
便失禁の原因になることがありますが、 その断裂の
有無や程度を調べる検査です。検査では、
直径1.5cm程度の棒状の検査装置を肛門内に挿入し、
括約筋を超音波で観察します。

尿流量測定検査では、尿をトイレと同じ形の測定器に
排尿して頂き、排尿の時間や尿流量を測定して
「実際の尿の出かた」を調べます。残尿検査では、
排尿後に超音波検査やカテーテルを用いて残尿を
測定し、「実際に残っている尿の量」を調べます。

膀胱充満時に、歩行、屈伸運動、階段昇降、咳などを
して頂き、「実際に漏れる尿の程度」を調べます。

診療のながれ■担当医/骨盤機能センター部長:井上 啓史(いのうえ けいじ:排尿障害担当)副部長:駄馬中 研(だばなか けん:便失禁担当)

1.まずはお気軽にお問い合わせください。088-880-2773(地域医療連携室)概要と外来受診の必要性、受診日についてご説明します

2.外来受診 症状に関する質問表に記入いただいてから、
医師による面接・診察となります。

3.検査の予約

検 査〈症状と必要性に応じて以下の検査を受けて頂きます〉

■便失禁の患者さんは…

1.直腸肛門機能検査 2.肛門超音波検査

■尿失禁の患者さんは…

1.尿検査 2.尿流量測定検査・残尿検査 
3.ストレステスト 4. 尿流動態検査 5. 膀胱鏡検査 
6. 尿路造影検査

■外来での結果説明

診察と検査の結果をご説明し、症状の程度と
その原因に応じて、 適切な治療法をご提案します

治療法〈以下の治療の中から適切なものを組み合わせます〉

■便失禁の患者さんは…

1.生活指導(食生活、排便習慣)2.薬物療法
3.肛門括約筋訓練(便失禁に対するバイオフィードバック)
4.アナルプラグ
5.手術(肛門括約筋修復術、直腸脱根治術、直腸粘膜切除術など)

■尿失禁の患者さんは…

1.行動療法(時間排尿誘導、パターン排尿誘導、排尿習慣再教育)
2.膀胱訓練 3.骨盤底筋訓練
4.経皮的仙骨神経低周波刺激療法
5.薬物療法(抗コリン薬、 交感神経刺激薬)
6.手術療法
(TVT(tension free vaginal tape)手術、TFS(Tissue Fixation System)手術などの
尿失禁根治術など)

快適な排泄で、健康実感!

お問い合わせ

高知大学医学部附属病院 地域医療連携室

〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮

Tel.088-880-2773 Fax.088-880-2774 E-mail : ir10@kochi-u.ac.jp

●受付時間(休日、年末年始は除く) 月曜〜金曜/9:00〜17:00