看護部 高知大学医学部附属病院

 

キャリア案内

 

外部からの受け入れ研修

医療機関の機能や規模にかかわらず、新人看護職員を迎えるすべての医療機関で研修を実施することができる体制の整備を目指して、平成21年12月に厚生労働省が、新人看護職員研修ガイドライン(以下ガイドラインとする)を作成し、平成22年度から施設における研修が努力義務化となりました。このことを受け、本院では平成22年度から受入れ研修事業を実施しています。
平成26年度は14の研修に19施設のべ91名の方が参加されました。

PDF 「平成28年度新人看護職員受入れ研修〈PDFファイル〉」 
word 「平成28年度新人看護職員受入れ研修申込書〈Wordファイル〉」

新人看護職員以外にも、患者さんのベッドサイドケアに関わる新人医療職員(看護師、介護士等)を対象とした「創傷管理研修」や看護職者対象の「BLS研修」など、様々な対象に向けての研修を開催し、地域への貢献を図っています。


新人医療職員研修の写真