看護部 高知大学医学部附属病院

 

看護部の取り組み

 

看護部長あいさつ



看護部長 多田邦子
   私たち看護部では、看護職がそれぞれに専門職としての自覚をもち、自律した看護職として成長していくことを支援しています。
 毎年、多くの新人看護職員を受け入れ、まずは社会人として、そして看護専門職としての個人個人の成長を支援していく教育体制を充実させています。その後も、看護職員の成長に合わせた段階的な教育プログラムを構築しており、継続的に学べる環境を整えています。
 県内唯一の大学病院として教育活動も積極的に実施しており、新人看護職員研修への他施設からの受け入れ、専門チームによるコンサルテーション事業の取り組み、中堅看護職員実務研修(がん中期研修)の実施、また高知県看護協会など外部への講師派遣も多く行い、教育面での地域貢献にも努力しています。
 個人の成長のためには、それぞれのモチベーションはもちろんですが、組織のサポートも重要です。個人と組織が両輪となって共に進んでいけるように、教育体制のみならず、勤務環境も整えることによって、やりがいのある働きやすい職場環境を目指していきたいと考えています。