看護部 高知大学医学部附属病院

 

看護師の声

看護師の声

新人看護師からのメッセージ


横田 夕貴さん

横田 夕貴さん  平成24年度入職

 就職して早くも1年が過ぎました。振り返ってみるとあっという間の1年間だったと思います。内科に就職希望で、内科に配属が決まった時はやった!!と思いましたが、配属部署に1年目は私だけで「どうしよう…上手くやっていけるかな…」と不安いっぱいでした。しかし実際病棟に行ってみると優しい先輩達ばかりで、大変恵まれた環境で業務を行うことが出来ています。
 1年目の全体の研修は月に何回か設けられていて、病棟で見る機会がない物も体験することができ(呼吸ケアの研修など)、また病棟に同期がいない私にとっては他の部署の人と会うことが出来て、より楽しんで研修に取り組むことが出来ました。
 部署によって部署内での教育は違うと思うのですが、私の部署では月ごとに到達目標が決められていてそれに沿って進んでいきます。夏頃までは毎日フォローの先輩が誰かついていて下さって、その日ごとに自分の行ったこと・良かったこと・反省点を記録し、フォローの先輩からコメントを頂いてその都度課題を見いだすことが出来ました。
 2年目を迎え、まだまだ課題も山積みですが着実にステップアップ出来るよう頑張っていきたいと思っています。


新人看護職員の1年

 当院では新人看護職員育成プログラムに沿って、新人看護師を育成しています。新人看護職員育成プログラムは部署教育(配属部署で働きながら学ぶこと)と集合研修(配属部署から離れて集団で学ぶこと)で構成されています。
 部署教育は、部署の特性にそって、段階的に知識・技術が習得できるよう、プログラムされています。配属部署にかかわらず、新人看護師みなさんに学んで欲しい内容は、集合研修で学習の機会を設けており、4月のオリエンテーションの後、3月まで17の研修があります。

  新人看護職員の1年(集合研修)


先輩看護師からのメッセージ


上野 祐佳子さん

平成23年度入職

4階東病棟勤務

高知大学医学部
看護学科卒業



就職して2年が経ちました。挫けそうになったこともありますが、患者さんが元気になって自分の足で帰っていく姿を目にしたり、患者さんに「あなたの声を聞くと元気が出る」と言ってもらったことなど、患者さんからの反応が私を支えてくれているように思います。
部署の先輩方はいつでも親身になって相談にのって下さるので、知識や技術面はもちろん、精神面でも支えられていると感じます。 自分を成長させてくれる環境がここにはあるので、これからも前向きに勉強して信頼される看護師になりたいと思います。

松葉 智之さん

平成23年度入職

1階東病棟勤務

高知大学医学部
看護学科卒業



精神科で看護師として勤務し、3年目を迎えます。就職した当初は緊張もあり、分からないことばかりでしたが、先輩方が丁寧に教えてくれ、安心して仕事をすることができました。
私が働いている病棟では、一人一人の患者さんと接する時間が長いため、より良い看護を提供するにはどうすれば良いか、患者さんと共に考えながら看護を行うことができます。またある先生から「薬だけでなく看護師の関わりが治療になる」と教えられ、とてもやりがいを感じています。みなさんと一緒に働くことを楽しみにしながら、これからも頑張っていきます。

上月 良太さん

平成20年度入職

3階東病棟勤務

高知大学医学部
看護学科卒業



3階東病棟看護師の上月良太です。早いもので就職して今年で6年目となります。 主に手術を行う患者さんを扱う病棟なため、非常に患者さんの変化が激しく、また非常に忙しい病棟です。ただ、そんな忙しい中でも患者さんが手術を行い元気に退院していく姿を見ると、頑張ってよかったな、次も頑張ろう、という気持ちになれます。
誰かに感謝される為に看護をしている訳ではありませんが、退院時に、ありがとう、って言われるとやはり嬉しいしやっててよかったと思えます。そんな現場でこれからもより質の高い看護を行えたらと思います。

久米 美香さん

平成20年度入職

6階東病棟勤務

高知大学医学部
看護学科卒業



私は内科・泌尿器科の混合病棟で働いています。患者さんが良くなって帰って行く姿や、患者さんの笑顔を見た時、また生活を振り返り一緒に解決策を見いだした時がやりがいを感じ、看護の仕事を選んで良かったなと、感じる瞬間です。
勤務体制は2交代であり、不規則な中でも仕事とプライベートの時間を確保することができます。また卒後研修がとても充実しており、新人の時から段階ごとに知識と技術を習得することができます。職場では先輩方に恵まれ、アドバイスを頂きながら日々頑張っています。皆さんも私たちと一緒に働いてみませんか?

内田 江美さん

平成23年度入職

6階西病棟勤務

高知県立大学
看護学部卒業



6階西病棟老年病科で勤務しています。循環器・神経疾患を抱える患者さんが主な対象であり、比較的他科よりも経過が緩やかですが、心臓カテーテル検査や慢性疾患の急性増悪などにより、急性期病棟へと様変わりすることも多々あります。
慌ただしい病棟だからこそ、たとえ短時間であっても一つ一つの日々の看護場面を大切にし、患者さんと深く関わっていくことを心がけています。また退院後の生活を見通して生活・服薬指導等をするため、自分達の関わりによって徐々に患者さんのセルフケアが高まっていく時にやりがいを感じます。

友永 麻美さん

平成23年度入職

2階東病棟勤務

高知県立大学
看護学部卒業



私は大学を卒業後、2年間県外で働きました。高知へ帰ってきたいという思いが強く、看護師3年目で当院へ就職することにしました。看護師として2年間経験を積んでいましたが、前病院とは全てが異なっていたので、1から覚えなければならないことに苦労しました。大変なことや辛いこともたくさんありましたが、患者さんやご家族の笑顔をみると頑張って働いてよかったと思えます。
教育体制もしっかりしており、個人の状況に合わせてサポートしてもらえるので安心して働くことができます。看護師として5年目を迎えますがまだまだ未熟なため、周囲に支えてもらいながら日々働いています。

立仙 真奈さん

平成23年度入職

4階西病棟勤務

高知学園
短期大学卒業



就職して3年目になりました。就職したばかりの頃は右も左も分からない状態で正直、看護師としてやっていけるのか…と不安に思う時期もありました。しかし、熱心に指導して下さるプリセプターや病棟スタッフの力を借り、今では日々看護師としての責任を感じながら充実した毎日を送っております。
患者様から「ありがとう。」と言われる度仕事のやりがいも感じられ、これからも初心を忘れず患者様、ご家族の方、スタッフからも安心して患者様を任せてもらえる看護師になれるよう、スキルアップしていきたいと思います。

矢野 晋平さん

平成23年度入職

ICU

龍馬看護ふくし
専門学校卒業



今年で3年目になりました。私が働いている集中治療部では、急変も多くまだまだ分からない事だらけで、不安もあり、落ち込む事も多々あります。しかし、行った看護で患者さんの状態が良くなったり、集中治療室に入っていた患者さんが廊下を歩いているのを見ると、とても嬉しく、本当にやりがいのある仕事だと思います。
先輩方から多くのアドバイスを貰い、時に怒られ、支えられ、毎日やりがいを感じながら働けています。

片岡 照博さん

平成22年度入職

手術部

高知病院附属
看護学校卒業



手術室スタッフとしてスタートして3年が経ちます。最初の頃は分からない事だらけで毎日が不安でしたが先輩スタッフやプリセプターが毎日声をかけてくれて相談にのってくれたので徐々に不安な気持ちから頑張って早く一人前になろうという気持ちに変わっていきました。
院内研修や県外での学会ではたくさんの新しい知識を学ぶことができました。手術部はとてもやりがいのある職場だと思います。
手術室で一緒に働いて見ませんか!!

中越 和希さん

平成22年度入職

7階西病棟勤務

東高校
看護専攻科卒業



就職して3年目になりました。私が勤務している病棟は、先輩看護師が、個人のペースに合わせて丁寧に優しく指導をしてくれます。そのおかげで知識や技術が少しずつ身につき日々成長することができます。また、院内の研修も充実しており自分のスキルアップに向けて支援体制も整っているため、大学病院に就職して良かったと思います。
患者さんとの日々の関わりを通して、『ありがとう』という感謝の言葉を言われると嬉しい気持ちになります。これからも患者さんの気持ちに寄り添った看護を提供できるように頑張って行きたいと思います。

西川 愛美さん

平成22年度入職

5階東病棟勤務

中央高校看護学科
専攻科卒業



平成22年に高知大学病院整形外科病棟へ就職して3年が経ちました。看護師として働きはじめた頃は、仕事面に加え社会人としても未熟な部分がたくさんありました。しかし病棟の先輩方にたくさんのことを教えていただくことで、仕事面では自分でできることが増えました。また、社会人としても成長でき、看護師という仕事に自信を持つことができるようになりました。
職場の雰囲気はとても明るく、困ったときや悩んだ時は先輩方が必ずサポートしてくれています。明るく楽しいこの職場で一緒に働いてみませんか?

久保 友香里さん

平成21年度入職

3階西病棟勤務

高知県医師会
看護専門学校卒業



病棟に配属され、4年が経ちました。看護師として働き始めたばかりの頃は不安や戸惑い、自分の事で精一杯の日々でした。辛い時期もありましたが、優しい先輩に指導・支援して頂き、頑張っています。また、患者さんの「手術して見えるようになって嬉しい」という喜びの言葉や「ありがとう」「あなたが担当で良かった」など患者さんの1つ1つの言葉が自分の励みとなり、やりがいを感じています。
患者さんとの関わりの中で学ぶことも多く、関わりを通して、患者さんの個別性に合った看護ケアを行っていけるよう日々努力しています。

野村 友里さん

平成23年度入職

周産母子センター

新見公立
短期大学卒業



周産母子センターに勤務させて頂き、2年が経ちました。看護師として初めての業務と慣れない環境で、戸惑いや不安でいっぱいでした。
今は不安の中でもスタッフの一員として赤ちゃんの出生から立ち会わせていただき、また小さく産まれた赤ちゃんが大きく成長し、家族のもとに帰って行くところを見て、スタッフの一員として赤ちゃんや家族に関われたことを、とても嬉しく感じられるようになりました。命の現場は、忙しく大変なこともありますが、優しい先輩方に支えられ、充実した毎日を送ることができています。

蒲原 怜里さん

平成22年度入職

5階西病棟勤務

香川大学医学部
看護学科卒業



私は、5西病棟の消化器内科で勤務しています。この病棟は、内科的な疾患の看護や高齢者が多く、老年期の特徴に合わせた看護、日常的な援助などを学ぶことが出来ます。慢性期の患者様が多く患者様の心のケアが大切だと感じています。患者様の笑顔や患者様との交流が私の原動力になり、患者様とのふれあいの中でやりがいを感じています。
日々チームで助け合いながら業務に取り組んでおり、温かく明るい雰囲気の病棟です。素敵な先輩や同期、後輩に出会え、就職してよかったと思います。

廣田 藍さん

平成20年度入職

2階西病棟勤務

愛媛県立医学技術
大学保健科学部
看護学科卒業


精神疾患合併妊婦に対する看護を考えたいと思い、当院に就職して5年が経ちました。笑顔で退院しても、育児不安や産後うつで育児困難になる方。退院後を心配していたけれど、1ヶ月健診時に笑顔で会いに来てくれる方。様々な家族と出会い、振り返る中で、私の方が日々成長させてもらっています。
今年から助産外来を開設しました。産後も母親とその家族が楽しく育児できるよう、早期から他部門・他職種・地域のスタッフと連携をとり、共により良い体制に向けて試行錯誤しています。一緒に看護・助産を追求し、共に盛り上げていきましょう♪

安田 優さん

平成20年度入職

6階西病棟勤務

順正高等看護
専門学校卒業



私の勤務する循環器・神経内科は急変・重症患者さんが多くとても忙しく大変な病棟ですが、活気と思いやりのあるスタッフの皆さんと一緒に、患者さんからの「ありがとう」の言葉を励みにやりがいのある毎日を送っています。
高知大学医学部付属病院はチーム活動があり様々な専門的知識・技術を持っている先輩看護師の方々から学ぶ事も多く大変勉強になります。研修や新人教育も充実しているのでとても働きやすい環境だと思います。
↑ページTOPに戻る