看護部 高知大学医学部附属病院

 

ご案内

 
ホーム > Q&A

Q&A

配置・移動

:採用後の配属部署について、希望は聞いてもらえますか?

:当院では、希望する配属部署を必ず確認し、配置部署を検討しています。個人の希望と部署の看護師数などを考慮し、配置部署を決定します。


:男性看護師はいますか?

:はい、現在40名近くの男性看護師が勤務しています。配属部署は病棟、ICU、手術部とさまざまです。


:異動はありますか?

:年1回勤務異動や退職に関する調査を行い、個人の希望や看護師数を考慮し、異動を行っています。



給与

:専門看護師や認定看護師の手当てはどのようになっていますか?

:平成25年4月から専門看護師や認定看護師の資格をもち、その資格が有用となる業務に従事する看護職員には、手当がつくようになりました。専門看護師は10,000円/月、認定看護師は5,000円/月です。また安全管理、感染対策業務に従事している看護職に対しても、10,000円/月の手当をつけています。


:夜勤の手当はありますか?

:夜間勤務の負担を考慮し、平成25年度から1回あたりの夜勤看護手当を増額しました。またあらたに夜勤回数による手当加算も導入しました。一例として、2交代で夜勤回数が月5回以上の場合、2,000円/回を加算するなど、夜勤を行っている看護職員への支援の充実を図っています。



勤務体制

:勤務体制はどのようになっていますか?

:現在多くの部署が2交代制勤務です(日勤8:30〜17:15 夜勤16:15〜9:15)。それ以外に早出、遅出などの勤務が部署によってあります。3交代は日勤、準夜(16:15〜1:00)、深夜(0:30〜9:15)となっています。


:結婚後も看護職を続けていきたいのですが、子育て支援にはどのようなものがありますか?

:子育てをしながら継続して勤務ができるよう、様々な支援制度があります。育児休業は最長3年間取得することができます。そのほか育児短時間制度、部分育児休業、時間外勤務制限などがあります。また院内保育所「こはすキッズ」も利用することができます。現在も多くの看護職員がこれらの制度を活用して、継続して勤務することができています。



休暇

:休暇について教えてください。

:採用時から、雇用形態に応じた有給休暇があります。例えば、4月採用者の常勤(有期雇用を含む)では年次休暇が15日間、リフレッシュ休暇が3日あります。その他病気休暇や結婚休暇などがあり、取得することができます。



福利厚生

:看護職員の寮はありますか?

:病院の敷地内・外に宿舎があります。敷地内は看護師宿舎(女性専用)で、全室ワンルーム形式の個室です。宿舎費は無料ですが、共益費として2,000円/月をいただいています。また病院から2q以内には職員宿舎があります。男性看護師やご家族で入居できるお部屋など、いくつかのタイプがあります。



教育

:ナーシングスキルはどのようなものですか?

:ナーシングスキルは入職後すべての看護職が利用できます。ナーシングスキルは看護技術の習得を支援するためのツールで、250以上の看護技術の手順、動画、テスト、チェックリストがあり、初めて実施する看護技術の予習や、学校で学んだ技術の再確認、患者さんに実施した技術の振り返りをすることができます。ナーシングスキルはネット環境があれば使用できますので、自宅でも職場でも技術について学習することができます。


:他病院での経験がありますが、採用後どんな教育が受けられますか?

:経験のある看護師の方にも、プリセプターシップをとっています。また新採用者対象の研修にも必要時参加していただき、学習することができます。



その他

:ユニフォームはどのようなタイプですか?

:女性はピンクかブルーのチュニック+パンツかワンピースです。男性は白色の上下です。ユニフォームは5枚貸与していますが、ユニフォーム以外に、看護部が決めたデザインの中から私費購入もできます。




↑ページTOPに戻る