高知大学 医学部 看護学科

アドミッションポリシー&ディプロマポリシー

医学部アドミッションポリシー

 近年におけるサイエンスとしての医療の飛躍的な進展は、国際社会に様々な衝撃を与え続けており、こうした社会情勢における多様な価値観の変動に的確に対処するためには、 各医療人が自分自身の「倫理体系」を構築することが求められます。
 高知大学医学部では、倫理体系構築の基盤となる資質としての、「強靭な論理的思考能力」「バランス感覚に支えられた多面的な考察力」「共感的能力」および「問題解決能力」を有する人材を求めます。

自分自身の「倫理体系」を構築する力が求められている

■医学部看護学科アドミッション・ポリシー(求める学生像)
・知識・理解
医療の科学的な側面と人間的な側面とを理解できるために必要な理系科目の基礎知識と人文系科目の基礎知識を身につけている人を求めます。
・思考・判断
自ら問題を発見し、その解決策を論理的に考えられる人を求めます。
・関心・意欲・態度
人々の健康に関心があり、命と生活を支援する専門職を目指す意欲がある人を求めます。
相手の立場に立って考えられる人を求めます。
基本的生活習慣を身に付け、自己管理ができる人を求めます。
・技能・表現
他の人の話を親身になって聞ける人を求めます。
自分の考えや思いを分かりやすく説明できる人を求めます。
・教科外活動
クラブ活動やボランティア活動等で、他の人達と協働する精神や他の人を助ける精神が身についた人を求めます。

授業風景


■医学部看護学科ディプロマ・ポリシー(育成する人材像)
・知識・理解
医療人の基盤となる幅広い教養を身につけている。
看護職に必要な基本的な知識を体系的に修得している。
・思考・判断
人々の健康や生活でおこる様々な問題を看護の視点で捉えることができる。
看護の専門的知識を用いて、問題解決に取り組むことができる。
・関心・意欲
看護職としての社会的使命感を自覚し、人々の健康増進に向け、関心と意欲を持ち、地域医療に貢献することができる。
・態度
社会の一員としての常識と感性を身につけている。
人々の生命に関わる職種であることを認識し、看護職として責任ある行動がとれる。
医療の進歩に対応できるよう、自律して学び続ける姿勢を身につけている。
・技能・表現
基本的看護実践能力(コミュニケーション、看護計画立案、看護ケア)を身につけ、医療チームの一員としての役割を意識した行動がとれる。

地域看護学実習の様子




English HOME アクセス お問い合わせ 高知大学医学部看護学科