高知大学大学院総合自然科学研究科 看護学専攻
アドミッションポリシー
ディプロマポリシー
カリキュラム
学生定員
履修方法
修了までの標準スケジュール
夜間授業時間割
指導教員一覧
修論発表会
修論一覧
修了者の声
入学者の構成
入試情報
高知大学医学部
高知大学医学部看護学科
高知大学看護学会
高知大学看護学同窓会
ディプロマポリシー

本学修士課程看護学専攻では、学際的研究分野での研究者としての基礎的・基本的な素養を修得した上で、以下のどれかの活動ができる人材を育成します。

  1. 医療の場を含む生活の場で必要とされる人々のQOL向上をめざし、生活者の視点で健康社会を支えることができる。
  2. 看護学、健康科学、情報科学および人間科学を基に、現在の健康福祉社会、将来の未来社会に向けた幅広い分野で、少子化対策、母子安全対策、高齢化対策、家族支援を目標に活躍できる。
  3. 看護活動の広範化・専門化に応じて、医療の場を含む様々な生活の分野での活動が展開できる。
  4. 看護学、教育学、発達心理学、社会保障、ベアレンティング学などの高度な学識をもち、看護分野のみならず教育・福祉分野などで活躍できる。
  5. 周産期の女性の健康管理支援、新生児・乳幼児を育てる母親やその家族の育児支援、女性のライフステージ全般に関する健康支援など幅広い活動ができる。