高知大学大学院総合自然科学研究科 看護学専攻
アドミッションポリシー
ディプロマポリシー
カリキュラム
学生定員
履修方法
修了までの標準スケジュール
夜間授業時間割
指導教員一覧
修論発表会
修論一覧
修了者の声
入学者の構成
入試情報
高知大学医学部
高知大学医学部看護学科
高知大学看護学会
高知大学看護学同窓会
看護教育・管理学分野
 看護教育学分野においては、よりよい看護を提供するための看護学教育のあり方について、その本質と方法論を探求し、看護学教育を実践(教育・臨床)の場で活用できる基礎的能力をもつ人材を育成します。
 看護管理学分野においては、看護管理の基本となる諸理論、組織行動学について学び、看護管理実践への適用について探求し、さらに医療安全、医療の質の保証について学び、看護管理上の課題や看護管理者の役割について探求します。
 チーム医療の中でリーダーとしての資質を養う目的から、看護教育学と看護管理学を併せて学習することで、教育と看護実践のリーダーとなる資質、或いは管理者としての能力を併せもつ人材を育成します。
 また、看護教育・看護管理の研究を展開するために必要となる情報処理技法を修得します。
母子看護学分野
 母子看護学分野には、母子看護学課程と実践助産学課程の二つの課程があります。

 母子看護学課程では、母子の健康とQOL、母性性の発達、育児過程に関するQOLと看護、あるいは施設などにおける子どもの療養生活とQOL、不安の解決やセルフケアを促すための看護などについて、QOL重視の母子健康課題の発見と展開という問題解決型の学習を重視します。未来の子どもや大人の健康と生活を擁護し、子どもが健康に成長発達でき安心して暮らすことのできる社会を迎えるための課題を探求します。また、母子の生活や健康問題を把握するために必要な理解と知識を学習します。さらに、母子を取り巻く社会や政策、母子の健康問題に影響する諸因子について理解し、次世代の健全育成のために必要な看護の役割の開発ができる能力を修得します。

 実践助産学課程では、生活習慣や医療・社会環境の変化等に伴う女性と子ども及び家族をエンパワメントできる高度専門職業人としての役割の取得、新たな状況や環境に柔軟に対応でき優れた「助産実践能力」と「管理能力」を有し、コミュニティや他の専門職と協働して健康増進に向けた「創造力」を発揮できる高度専門職業人(助産師)としての能力を修得します。助産学と母子看護学とを一体的に据え、知識・技術と体験の統合を図り、学生自ら目指すべき人材像を導きだし、主体的に行動・活躍し得る能力を養います。その中で、助産学未学習者は、助産師国家試験受験に必要な科目履修を行い助産学分野の知識・技術を柔軟且つ効果的に履修します。
成人・老人看護学分野
 成人・老人看護学分野では、在宅患者や地域で生活する成人・老人に対して、QOL の向上を目指す看護を念頭において、その生活の場における成人・老人の生活状況や社会資源、看護支援の現況などを把握、分析して、在宅でのクライアントのための在宅・訪問看護や家族への支援、健康を増進させるための幅広い年齢層への看護ケアのあり方などを検討します。
 病院や老人施設などの施設で生活する成人・老人療養患者、或いはその家族などへのQOLの向上を目指す看護についても修得します。
 成人期における看護として重大な意味をもつ周手術期及び慢性期における患者や家族に対する看護を修得します。
 健康障害を持つ老人やその家族を対象とし、人々の尊厳とQOLを高めるための看護等をテーマに取り上げ問題解決型の学習を重視します。そして、成人期のライフステージにある人々とその家族の心の看護について探求します。