高知大学 医学部 看護学科

地域在宅看護学講座

高齢者看護学領域

 高知県の65歳高齢者人口の割合は常に日本全体の上位を占め、わが国の高齢社会の一歩先を行っています。この高齢社会環境の特性を活かして、老年看護学の実習では色々の場所で実習を行い、高齢者の生活の有り様、健康状態、ケアに関わる職種などの理解を深めることを目標に計画しています。
 実習の基礎になる授業では、高齢者の尊厳と日常生活の質QOL向上を目指したケア、すなわち、楽しく、満足した日々を過ごすためのケアを基盤にして展開しています。また、国際的な視野からも高齢者QOLを考えるために、海外の高齢者施設で収集したケアの実態を紹介しています。研究では、近年増加している、認知症高齢者とその家族のQOLに関連した課題に取り組んでいます。
画像イメージ
高齢者看護学実習のグループホーム施設で
 
高齢者看護学ホームページへ



地域・在宅看護学領域

 地域・在宅看護学領域では地域の人々の健康問題を考え、また在宅療養者の方々がよりよい生活をおくれるような方策を探求しています。学生の皆さんには保健師や訪問看護師がどのような役割を担っているのかを知り、地域医療に関心を持ってもらいたいと思っています。大学院生の皆さんには看護の視点から、地域に顕在・潜在する健康の問題やニーズを探求してもらいたいと考えます。
 我々は様々な形で地域住民の方々の健康向上をめざし、高知県の地域医療の一端を担いたいと思っています。一緒にやってみようという方、どうぞ気軽に研究室をお訪ねください。
画像イメージ
保健センター内での様子
 
地域・在宅看護学講座ホームページへ



地域医療学領域

 地域医療学の活動は、生活習慣病の予防、治療に関しての研究及び実践です。
  高血圧を中心とする生活習慣病に関する知識の普及のため、一般住民の方々や医師会などを通じて講演活動を行っています。昨年度は12ヶ所にて生活習慣病関連の講演を行いました。
  研究活動としては、生活習慣とストレスの関連について疫学的調査研究を行なっています。また、内分泌代謝・腎臓内科学講座(寺田典生教授)との共同研究で酸化ストレスについて研究しています。
 さらに高知大学医学部附属病院は内分泌代謝専門医、高血圧専門医の研修病院となっており、内科指導医と合わせ、内分泌代謝指導医、高血圧学会認定指導医としても活動をしています。
画像イメージ
地域住民の方々への講演活動の様子



 


English HOME アクセス お問い合わせ 高知大学医学部看護学科