高知大学医学部附属病院再開発 本文へジャンプ

高知大学

病院再開発

イメージ

計画概要
高知大学医学部附属病院は築30年になろうとしており、当時の医療構想で造られた本院は構造的に狭隘かつ老朽化が目立ち、先端医療の実践や優れた医療人の育成に支障をきたす状況にあるため、新しい時代にマッチした医学部附属病院にするため再開発を行います。平成24年度〜26年度に新病棟(第二病棟)の建設が完了しており、現在ハイブリッド手術室の増築工事を行っております。
イメージ


病棟名は第二病棟に決定しました

近況報告履歴