高知大学医学部附属病院再開発 本文へジャンプ
近況報告(平成26年度11月)


東側からの第二病棟。


北側からの見上げた第二病棟です。









1床病室の写真です。







4床病室の写真です。







手術室内観です。
約100uあります。







ICUの内観写真です。
個室4床、オープンタイプが8床あります。
写真にマウスを近づけるとオープンタイプの内観写真が見えます。






ヘリポート写真です。
「先生、ドクターヘリが到着しました」




アンパンをタイルで作成中の写真です。
高知大学附属病院にはアンパンマンがたくさんいます。
第二病棟にもライトコートにアンパンマンの仲間たちがいます。
キャラクターの選定は、入院されている患者さんのアンケート結果を反映しています。









日本テレビのアンパンマンを担当されている方が厳しくドキンちゃんが正確に表現されているかを確認中です。










少しでも快適な入院生活を送って頂けるよう、検査・確認に約4週間かけ厳しく行いました。
毎日の検査・確認後は建築担当・電気設備担当・機械設備担当が意見を出し合い、今後の調整に生かせるよう、このような打ち合わせを行いました。
約20名を超える施工業者と大学職員が参加して行っていました。



近況報告(平成26年度6月)


東側からの建設現場事です
屋上階にヘリポートを設置しています。


東北側からの見上げた写真です。
外部足場が順次取り払われています。







ヘリポートがほぼ完成に近づいています。




近況報告(平成25年度12月)


東側からの建設現場事です
屋上階まで構造体が完成しました。


南東側からの見上げた写真です。
大型クレーンが1台に減っています







ペントハウス(屋上へ出入りする部分)を残すだけとなりました。
見えている鉄骨についてはヘリポートが設置される土台となります。





近況報告(平成25年度11月)


東側からの建設現場事です

分かりずらいですが、後方の白い建物が7階建ての既設病棟です。
もう少しで追い越します。


地上約40mにあるタワークレーンの運転席を見学に行きました。
(上の写真では奥にある高いクレーンです)
運転席に座る看護部長。
作業着姿が様になっています。











見学者で記念撮影








近況報告(平成25年度8月)


火事ではありません

熱い日が続いていますので、 熱中症対策にミスト発生させています

つかの間の静寂です

コンクリートが打ち上がり、次の工事を待っています



近況報告(平成25年度7月)


平成25年度7月

現在4階まで立ち上がっています。
9月からは11月にかけて屋上まで鉄骨を建てて行きます

真剣です

近くの小学生が工事現場の見学に来てくれました。
工事現場に興味を持ってくれたかな?