募集要項概要

目的
「実践力」を備えた病院経営トップマネジメントと病院経営に参加する現場責任者、将来の幹部候補生を養成します。
応募資格
医師、歯科医師、看護師、薬剤師、その他の医療従事者、事務職員、医療関連企業等の中で病院経営に関与している者(部署責任者、またはそれに準ずる者等)、今後関与する予定の者で、次の各号のいずれかに該当する者とします。
(1)大学を卒業した者
(2)学校教育法第104条第4項の規定により独立行政法人大学改革支援・学位授与機構から学士の学位を授与された者
(3)専修学校の専門課程を修了した者
募集人数
15名
受講期間
2019年4月~2020年3月(1年間)
受講場所
主として高知大学医学部(高知県南国市岡豊町小蓮)
応募方法
選考料を振込のうえ、次の応募書類を添えて郵送にてお申し込みください。
(1)受講申請書 (本プログラム所定の用紙による。)
(2)履歴事項  (本プログラム所定の用紙による。)
(3)志望の動機 (本プログラム所定の用紙による。)
(4)最終出身学校卒業(修了)証明書
(5)振替払込請求書兼受領証の写し (選考料振込時のもの)
(6)結果通知送付用封筒 (表に住所・氏名を記入し、82円分の切手を貼付した長形3号の封筒)
募集期間
2018年11月26日(月) ~ 2018年12月25日(火)〔必着〕
選考料
9,800円
■支払方法  高知大学指定のゆうちょ銀行口座に振り込み
【振込口座】 ゆうちょ銀行 01610-5-129391
      (加入者名) 高知大学

※ゆうちょ銀行(郵便局)で郵便局指定の用紙を使用し、お振込みください。
(ゆうちょダイレクト等は使用しないでください。)
※振込取扱票の通信欄に必ず「四国病院経営プログラム」とご記入ください。
※振込みに要する手数料は、申込者のご負担となります。
※振替払込請求書兼受領証の原本は本人控えとして保管ください。
選考方法
応募書類による選考を行います。
結果通知
2019年2月に結果通知書を送付します。
受講費用
登録料/28,200円
※受講決定通知後、所定の期日までにお振込みください。
 受講料/148,000円(5科目)~
 (選択する科目数により変動します。)
※上記費用の他に教科書代金等必要になる場合があります。
※納入方法は申込者本人に通知します。
※振込みに要する手数料は、申込者のご負担となります。
※一旦納入されたものは、本学の都合による場合をのぞき、
 理由のいかんを問わず返金いたしません。
応募先・問い合わせ先
〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮
高知大学医学部・病院事務部学生課大学院係
四国病院経営プログラム担当
TEL:088-880-2799 / FAX:088-880-2264
Email: hmp4@kochi-u.ac.jp

カリキュラム

教育内容の特色
本プログラムは「実践力」を追求するためのものである。経営は理論と実践の両輪による実学であるため、本プログラムでは、講義で理論を習得し、演習としてケースディスカションという模擬実践を行い、カリキュラム内に、病院経営現場へのインターンシップ、経営に関するプロジェクト発表等、よりリアルに近い実践の場を設けていることが大きな特徴である。
履修証明プログラムについて
本プログラムは履修証明プログラムとしても開設しています。
履修証明プログラムは、平成19年度の学校教育法の改正により創設された「履修証明制度」に基づくもので、大学が学生以外の者を対象として開講する120時間以上の一定のまとまりのある学習プログラムのことです。その修了者に対しては学校教育法105条に基づく履修証明書(Certificate)を交付します。
修了要件
1年間で、本プログラムで定める科目から、必修科目3科目及び選択科目を2科目以上履修し、合格すること。
修了証の授与
本プログラムの修了者には修了証を授与します(学位は取得できません)。
あわせて、高知大学から学校教育法第105条の規定に基づき履修証明書(Certificate)を交付します。
科目の受講方法について
必修科目は3科目を履修する。
選択科目は9科目の中から2科目以上を選択する。
(選択科目数により受講料が変動します。)

4月に受講する科目を選択し、「受講届」を提出していただきます。
e-learning(インターネットを利用した学習形態)での受講が可能な科目や集中的に実施する科目等、授業科目により異なりますので、【授業科目一覧】を参照してください。
必修科目
  • 「病院経営学講義」及び「病院経営学演習」は、集中講義形式で実施します。
      第1回 2019年7月27日(土)、28日(日)
      第2回 2019年8月24日(土)、25日(日)
      第3回 2019年12月7日(土)、8日(日)
  • 「病院経営学実習」は、病院現場(自施設)での実践実習を実施します。
     2学期(10月~12月)に実施予定。
選択科目
  • 本プログラムで定める選択科目の中から選択し受講します。
  • 基本的に授業は夜間(18:00以降)開講です。
  • 授業は高知大学大学院生と合同で行う場合があります。
  • 受講者数が極端に少ないなどの理由で科目が不開講になる場合があります。

2018年度受講生について

■2018年度受講生内訳

受講者数 医師 看護師 診療放射線技師 臨床検査技師 事務
15名 5名 5名 2名 3名

■2018年度受講生感想

◇医師

病院経営と聞いて、まず思い浮かんだのは収益、患者集め、医療スタッフ確保、設備の充実などであった。しかし、本コースを受講してみて、あらゆるマネジメントの存在とそれぞれに対する様々なアプローチがあることを学んだ。解決策の絶対解は無く納得解であること、マネジメントだけでなくリーダーシップも手法を学ぶことにより修得できるかもしれないことなど多くの新鮮な学びがあった。座学にグループワーク、実践を加えた本プログラムは、私のような病院経営素人にも大いにインスパイアされる魅力ある取り組みである。

◇看護師

まさに「多職種チーム病院経営」の時代の到来であると確信しています。授業では組織にコミットメントする人材の育成、コミットメントできる環境作りなど、マネジメントに関するテクニカルな科学知を学び、その科学知を演習の中でおとしていくという充実した時間です。
臨床現場での実習では、科学知を活用して反復トレーニングを実践し、報告することによって、丁寧なコンサルテーションを受けるシステムになっています。
病院組織の中で就業数が多い専門職種である看護部のトップが本プログラムを受講すれば、円滑な病院経営のサポートができると思います。

◇臨床検査技師

医療経営を軸に広範囲にわたる魅力的なプログラムが用意されており、医療経営を体系的に学べるよい機会となりました。週末集中講義(必須科目における演習)でのケーススタディーでは職種や職位を超えたディスカッションやディベートを行うなど、問題解決の方向性や方法論等議論することができました。
今後、医療現場での経営分析や改善提案等行うためのヒントや考え方が身についたと思います。

◇事務

必修科目の講義部分は、自分の得意分野のことだったので大丈夫でしたが、演習部分では、いろいろなテーマの“ケース”を使用し、思考の連続でしたが、立場によっての意思決定の難しさを改めて痛感しました。
しかし、ここで重要なのは、いろいろな気づきや想像力、発想力を常に持って、思考を停止せず考え続けることが大事だということです。このプログラムは、知識の幅が広がるのはもちろん、多職種かついろいろな立場の意見交換での“気づき”、また常に意識してマネジメントしていくトレーニングだと思います。

授業科目一覧

必修・選択 授業科目 授業形態 授業数 授業内容 担当教員(予定) 備考
※(非):非常勤講師
必修科目 病院経営学講義 講義 22.5h 5つの基礎スキル(「組織」「会計」「財務」「マーケティング」「戦略」)を中心に講義を行い、経営学全般の応用論点を整理するとともに経営学の病院経営への展開を試みます。
→シラバスはこちら(2019年度)
  • 物部真一郎(非)
  • 上村浩(非)
  • 集中講義形式で実施
  • 7月、8月、12月に開講予定
必修科目 病院経営学演習 演習 22.5h 医療機関における経営事例(ケース)を使用し、受講生や講師とディスカッションを行います。ディスカッションを通じて、経営実務を学び、考える力や他からの視点、気付きを得ることを目指します。また、ケースディスカッション後に講師による講義がある場合があります。
→シラバスはこちら(2019年度)
  • 裵英洙(非)
  • 集中講義形式で実施
  • 7月、8月、12月に開講予定
必修科目 病院経営学実習 実習 45h以上 実際に現場(自施設)での実践実習を実施します。実習期間中及び終了時に報告レポートを提出します。実習終了後に発表会を実施します。
  • 菅沼成文
  • 平尾智広(非)
  • 10月~12月実施
選択科目 マネジメント入門 講義・演習 22.5h 病院経営学講義/演習の授業で必要な、経営学の基礎知識の習得を目標とする。経営学で必要な科目のうち、財務会計、戦略、マーケティング、組織行動を中心に講義を行う。MBA教育で使われる教科書を活用し、組織運営のための基礎力をつける。
→シラバスはこちら(2019年度)
  • 菅沼成文
  • 物部真一郎
  • 集中講義形式で実施
  • 5月~6月開講予定
選択科目 医療政策・医療経済学 講義・演習 22.5h 近年、根拠に基づく健康政策(Evidence Based health-Policy)の必要性が認識されるようになりました。このEBHPは、国、自治体レベルだけでなく、さまざまな社会・集団における健康問題の対応、さらには医療関連分野の諸施設の運営にも活用されています。さらに、政策の運用にあたっては、経済的な効率や医療倫理への配慮も求められています。本科目では、政策決定で必要となるニーズ評価・対策の計画・効果の評価、医療の法体系などについて、基本的知識と技能を、事例を通して学習します。事例には、国内での地域保健医療や海外の医療政策に関する近年の課題を取り上げ、その背景と動向についても考察します。
→シラバスはこちら(2019年度)
→シラバスはこちら(2018年度)
  • 菅沼成文
  • 安田誠史
  • 宮野伊知郎
  • 平尾智広(非)
  • 谷原真一(非)
  • 1学期開講予定
  • 夜間開講
  • e-learning可能
選択科目 医療管理 講義・演習 22.5h 医療関連施設、特に病院における、合理的・科学的な運用管理能力を身につけるため、関係法規、医療経済、医療資源の組織と機能について学習します。
→シラバスはこちら(2019年度)
→シラバスはこちら(2018年度)
  • 小林道也
  • 岡本健
  • 2学期開講予定
  • e-learningのみ
選択科目 メディカルデータマイニング 講義・演習 22.5h 様々なデータ解析手法を大量のデータに網羅的に適用することで知識を取り出す技術であるデータマイニングによって、膨大なデータの蓄積から通常のデータの扱い方からは想像が及びにくい発見的な知識獲得が可能であると期待されています。この手法を学び、医学・医療データに適用する能力を身につけます。実際にデータ解析を体験しないと理解が深まりませんので、パッケージソフトRを使った演習も行います。
→シラバスはこちら(2019年度)
→シラバスはこちら(2018年度)
  • 奥原義保
  • 畠山豊
  • 永田桂太郎
  • 兵頭勇己
  • 1学期開講予定
  • e-learning可能
  • 日程は受講者と調整
選択科目 疫学研究のための統計学 講義・演習 22.5h 1)疫学研究に必要な統計学的手法を学びます。統計パッケージであるStataを用いて、記述統計、単変量、多変量の解析を行います。2)DPCデータをエクセルで集計し、病院経営の各種指標を分析する手法について学びます。履修にあたっては、「すべてExcelでできる!経営力・診療力を高めるDPCデータ活用術(日経ヘルスケア)」の購入を推奨します。
→シラバスはこちら(2019年度)
→シラバスはこちら(2018年度)
  • 栄徳勝光
  • 1学期開講予定
  • 夜間開講
  • e-learning可能
選択科目 環境保健学 講義・演習 22.5h 環境保健学は環境因子による健康影響を研究する学問です。産業革命以降発生した公害などの問題は先進国の国民に影響を与えてきました。環境汚染の多くは制御され、現在はより高感度の測定法によって低濃度の環境影響を調べる時代を迎えています。遺伝環境連関についてもこの環境保健学で取り扱います。
→シラバスはこちら(2019年度)
→シラバスはこちら(2018年度)
  • 菅沼成文
  • 栄徳勝光
  • 有澤孝吉(非)
  • 1学期開講予定
  • 夜間開講
  • e-learning可能
選択科目 産業保健学Ⅰ 講義・演習 22.5h 労働安全衛生法に基づく産業保健は労務管理に密接に関わっています。総合的な産業保健とともに、産業中毒学の基本事項について学びます。職場における産業中毒の要因とともに、臓器別に見た産業中毒の影響を考えます。
→シラバスはこちら(2019年度)
→シラバスはこちら(2018年度)
  • 菅沼成文
  • 栄徳勝光
  • 2学期開講予定
  • 夜間開講
  • e-learning可能
選択科目 看護管理学 講義・演習 22.5h 看護管理学の基本となる諸理論および看護管理過程のあり方を基盤に、リーダーシップの育成と看護サービスの質保証について検討を重ねます。さらに看護管理の動向を探り視野を広げ、実践現場の課題について問題解決技法を用いて、変革するスキルを習得します。
→シラバスはこちら(2019年度)
→シラバスはこちら(2018年度)
  • 森木妙子
  • 1学期(4月~)開講
  • 夜間又は週末を利用し、集中講義形式で実施
選択科目 看護管理学演習 演習 22.5h 学んだ経営管理に関する知識を現場で活用するにはどうしたら良いかを考えます。さらに現場責任者(看護師長・副看護師長・主任)が、現場で経営知識を活用できるような方法を見出し、経営の評価にとどまらず、看護管理の改善について学んでいきます。
→シラバスはこちら(2019年度)
→シラバスはこちら(2018年度)
  • 森木妙子
  • 2学期(10月~)開講
  • 夜間又は週末を利用し、集中講義形式で実施