メンバー紹介

上村 浩

高知工科大学 経済・マネジメント学群講師

主な授業科目

必修科目
  • 病院経営学講義

奥原 義保

高知大学医学部 附属医学情報センター教授

主な授業科目

選択科目
  • メディカルデータマイニング
  • 情報医科学のための数理統計学Ⅰ
  • 情報医科学のための数理統計学Ⅱ

小林 道也

高知大学医学部 医療学系教授(医療管理学)

主な授業科目

選択科目
  • 医療管理

菅沼 成文

高知大学医学部長
大学院総合人間自然科学研究科
医科学専攻長

主な授業科目

必修科目
  • 病院経営学実習
選択科目
  • 疫学入門
  • 疫学研究のための統計学
  • 医療政策・医療経済学
  • 環境保健学
  • 産業保健学Ⅰ

鈴木 裕介

ハイズ株式会社 事業戦略部長

主な授業科目

必修科目
  • 病院経営学演習

谷原 真一

久留米大学医学部公衆衛生学講座主任教授

主な授業科目

選択科目
  • 医療政策・医療経済学

裵 英洙

ハイズ株式会社 代表取締役

主な授業科目

必修科目
  • 病院経営学演習

平尾 智広

香川大学大学院医学系研究科
公衆衛生学講座教授

主な授業科目

必修科目
  • 病院経営学演習
選択科目
  • 医療政策・医療経済学

物部 真一郎

高知大学医学部特任准教授(非常勤)
株式会社エクスメディオ 代表者

主な授業科目

必修科目
  • 病院経営学講義

森木 妙子

高知大学医学部 看護学専攻・教授

主な授業科目

選択科目
  • 看護管理学
  • 看護管理学演習

上村 浩HIROSHI UEMURA

高知工科大学
経済・マネジメント学群講師

主な授業科目

必修科目
上村 浩
取得学位
博士(商学)
専門分野
財務諸表監査
研究・教育
2013年4月〜2014年3月 一橋大学商学部 特任講師
2014年7月〜9月 横浜国立大学 横浜ビジネス・スクール(MBA)
非常勤講師
2014年4月〜 高知工科大学 経済・マネジメント学群 常勤講師
2016年〜  高知工科大学 大学院 起業家コース コース長代理
研究キーワード
内部統制 コーポレート・ガバナンス 会計不正
著書
The Effect of Audit Objectives on Audit Quality -Why is there little disclosure of significant deficiencies in Japanese internal control audits?- Journal of Modern Accounting and Auditing, February 2016, Vol.12,、No.2. 「コーポレート・ガバナンスの質と内部統制の質」2013年、『日本企業研究のフロンティア』第9号、103-117、一橋大学日本企業研究センター
その他(個人WebSite、活動概要、社会活動等)
高知県産学官民連携機構主催 土佐MBA 講師

奥原 義保YOSHIYASU OKUHARA

高知大学医学部
附属医学情報センター教授

奥原 義保
取得学位
理学博士
専門分野
医療情報学
研究・教育

 現在、多くの病院では、診察室から各部門への様々な依頼や各部門から診察室への結果の報告など院内で発生する様々な情報の伝達や処理に、病院情報システムと呼ばれる大規模なコンピュータシステムが使用されている。この病院情報システムが病院業務の効率化のためだけではなく、医療の質そのものを向上させるシステムとして役立つためにはどのようなシステムであるべきか、また限られた医療資源の中で効率化と質の向上を両立させるシステムとしてはどうあるべきかなどにつき研究し、実際の病院情報システムに反映できるようにする、というのが取り組んでいるテーマの一つである。
 また、病院情報システムには日々の診療に伴う様々なデータが蓄積されてゆくが、それらを臨床研究や病院管理のためにどのように役立ててゆくかということについても重要なテーマとして取り組んでいる。

 教育面では、医療データからエビデンスを得、それを実際の医療に活かすことのできる人材の育成にも力を入れている。そのために、本学医学部で我が国初の病院情報システムとして自主開発された総合医療情報システムIMIS(Integrated Medical Information System)に1981年以来蓄積されているデータを匿名化したデータベースを医学部教育や大学院教育に活用し、大規模電子化医療データを対象に統計学的手法やその他の情報科学的手法を用いて「治療評価」、「診断支援」、「稀な事象の検出」などへの応用を行うことや、生活習慣病など長い時間をかけて進行する疾患の病態推移の理解や予測への応用、などを行うことのできる人材の育成を目指している。

研究キーワード
病院情報システム、医療データ解析、データマイニング
著書
  • 1.石垣恭子,石川澄,稲邑清也,入江真行,宇都由美子,大櫛陽一,岡田美保子,奥原義保,押田眞知子,楠岡英雄,古林榮次郎,近藤博史,酒井順哉,櫻井恒太郎,新川拓也,津久間秀彦,土屋文人,谷重喜,玉川裕夫,内藤道夫,橋本則夫,朴勤植,松村泰志,森田寛二,八幡勝也,山本 皓二,吉岡真:医療情報 ―医療情報システム編―(日本医療情報学会医療情報技師育成部会編集),第2版第2章「病院情報システム」,22-145頁,篠原出版新社,東京,2006
  • 2.奥原義保,松村泰志:新版 医療情報 ―医療情報システム編―(日本医療情報学会医療情報技師育成部会編集),第1版第3章「病院情報システムの導入と運用」第2節「仕様書」,188-192頁,篠原出版新社,東京,2009
  • 3.桑田成規、島井健一郎、奥原義保,松村泰志:新版 医療情報 ―医療情報システム編―(日本医療情報学会医療情報技師育成部会編集),第2版第3章「病院情報システムの導入と運用」第3節「システム導入」3.3.3「仕様書」,233-238頁,篠原出版新社,東京,2013
  • 4.片岡浩巳、奥原義保,畠山豊:新版 医療情報 ―医療情報システム編―(日本医療情報学会医療情報技師育成部会編集),第2版第7章「医療支援のためのデータ活用」第3節「エビデンスを作るための分析方法」7.3.5「医学・医療における研究事例」,424-429頁,篠原出版新社,東京,2013
その他(個人WebSite、活動概要、社会活動等)
  • 日本物理学会会員
  • 日本生体医工学会会員
  • 日本病院管理学会会員
  • 日本医療情報学会会員
  • 日本情報処理学会会員
  • 日本医療情報学会評議員
  • 日本生体医工学会中四国支部評議員
  • ・高知県医療ICT連絡協議会顧問(2013年9月~)
  • ・高知県在宅医療・介護連携のICT連携システム構築事業運営協議会委員(2015年2月~)
  • ・高知県医療情報通信技術連絡協議会地域医療連携委員会委員(2015年11月~)

小林 道也MICHIYA KOBAYASHI

高知大学医学部
医療学系教授(医療管理学)

主な授業科目

選択科目
小林 道也
取得学位
医学博士
専門分野
医療安全、消化器外科、消化器内視鏡、内視鏡外科、消化器癌化学療法
研究・教育

がん手術の質を落とさない低侵襲化と進行・再発がんに対する化学療法のエビデンス作りにより地域のがん診療の質の向上と均てん化を図り、それらを施行する上での安全管理について検討する。

豊かな人間性と広い価値観を有し、生命の尊厳と医の倫理をわきまえ、地域住民の健康と福祉に貢献し、さらには広く国際的視野に立った高度の知識・技能を身につけた医師を育成する。このために総合的な医学を身につけた臨床医・医学研究者を養成する。さらに、日本国内のみならず、国際的視野に基づいた上で、高度な医療を身につけ、これをもって地域住民の健康と福祉に診療のみならず教育・啓蒙活動を通じて貢献し、地域社会に信頼されるような医療を提供する。さらにがん診療連携拠点病院としての地域の医療機関との連携を推進する。

研究キーワード
医療安全、消化器外科、消化器内視鏡、内視鏡外科、消化器癌化学療法、臨床試験、国際化
著書
  •  Kobayashi M, Yanagihara E, Hayashi T.Specificity problem polyclonal rabbit antibody.J Clinical Pathol 41:705-706,1988
  •  Kobayashi M.The irradiation effection the cytoskeletions of C3H/He mouse mammary tumor cells and vascular basement membrane in relation to vascular invasion: A model of intraoperative radiotherapy.Tohoku J Exp Med 154:71-89.1988
  •  Kobayashi M, Araki K, Ogata T.Usefulness of endoscopic ultrasonography for the localization of insulinomas.Surgery 113:478.1993
  •  Araki K, Ogata T, Kobayashi M, Yatani R.A morphologic study on the histogenesis of human colorectal hyper-plastic polyps.Gastroenterology 109:1468-1474.1988
  •  Ogata T, Araki K, Matsuura k, Kobayashi M, Inomata Y, Ogawa Y, Yoshida S.A 10-year experience of intraoperative radiotherapy for gastric carcinoma and a new surgical method.Int J Radiat Oncol Biol Physics 32:341-347.1995
  •  Araki K, Kobayashi M, Ogata T.A scanning electron microscopic study of basal lamina pores on human colonic mucosas.Med Electron Microsc 28:17-22.1995
  •  Kobayashi M, Enzan H, Araki K, Kawai S, Kitagawa N.Spontaneous hepatocellular adenoma with marked cystic degeneration.Hepato-Gastroenterology 46:2955-2958.1999
  •  Kobayashi M, Matsuura K, Araki K, Sugimoto T, Hamada S, Akimori T, Tochika N.Three-dimensional demonstration of cystic duct by helical CT scanning.Hepato-Gastroenterology 49:1491-1495.2002
  •  Kobayashi M, Araki K, Matsuura K, Kawai S, Moriki T.Early gastric cancer giving rise to bone and brain metastases - A review of the Japanese literature.Hepato-Gastroenterology 49:1751-1754.2002
  •  Kobayashi M, Okamoto K, Akimori T, Tochika N, Yoshimoto T, Okabayashi T, Sugimoto T, Araki K.Localization of thymidine phosphorylase in advanced gastric and colorectal cancer.J Mol Histol 35(1)Jan:69-74.2004
  •  Kobayashi M, Sugimoto T, Okabayashi T, Okamoto K, Namikawa T, Tochika N, Moriki T, Araki K.Localization of thymidine phosphorylase in breast cancer tissue.Med Mol Morphol 38(2)Jun:112-117.2005
  •  Kobayashi M, Okamoto K, Namikawa T, Okabayashi T, Araki .The change of proliferating cell nuclear antigen and apoptosis of the MM46 mammary cancer cells of the mouse after single high-dose irradiation.Med Mol Morphol 38(3)Sep:181-188.2005
  •  Kobayashi M, Okabayashi T, Sano T, Araki K.Metastatic bone cancer as a recurrence of early gastric cancer-characteristics and possible mechanisms.World J Gastroenterol 11(36)Sep:5587-5591.2005
  •  Kobayashi M, Okabayashi T, Sano T, Araki K. Clinicopathological study of cardiac tamponade due to pericardial metastasis originating from gastric cancer. World J Gastroenterol 11(44)Nov:6899-6904.2005
  •  Kobayashi M, Tsuburaya A, Nagata N, Miyashita Y, Oba K, Sakamoto J.A feasibility study of sequential paclitaxel and S-1 (PTX/S-1) chemotherapy as postoperative adjuvant chemotherapy for advanced gastric cancer.Gastric Cancer 9(2):114-119.2006
  •  Kobayashi M, Okabayashi T, Namikawa T, Okamoto K, Kitagawa H, Araki K.A simple biangulation stapling technique for large anastomoses in gastric surgery.J Gastrointest Surg 10(6)Jun:911-915.2006
  •  Kobayashi M, Furuya Y, Okabayashi T, Araki K.Scanning electron microscopic study of the three-dimensional structure of the collagen sheath surrounding cancer cells after single high-dose irradiation.Med Mol Morphol 39(2)Jun:106-112.2006
  •  Kobayashi M, Okamoto K, Namikawa T, Okabayashi T, Araki K.Laparoscopic lymph node dissection around the inferior mesenteric artery for cancer in the lower sigmoid colon and rectum: is D3 lymph node dissection with preservation of the left colic artery feasible? Surg Endosc 20(4)Apr:563-569.2006
  •  Kobayashi M, Ichikawa K, Okamoto K, Namikawa T, Okabayashi T, Araki K.Laparoscopic incisional hernia repair: a new mesh fixation method without stapling.Surg Endosc 20(10)Oct:1621-1625.2006
  •  Kobayashi M, Okabayashi T, Namikawa T, Okamoto K, Araki K.Management of intra-abdominal abscess due to surgical site infection.Surg Technol Int 15:37-39.2006
  •  Kobayashi M, Okamoto K, Nakatani H, Okabayashi T, Namikawa T, Ichikawa K, Kitagawa H, Araki K.Complete remission of recurrent gastrointestinal stromal tumor treated with imatinib.Surg Today 36(8):727-732.2006
  •  Kobayashi M, Morishita S, Okabayashi T, Miyatake K, Okamoto K, Namikawa T, Ogawa Y, Araki K.Preoperative assessment of the vascular anatomy of the inferior mesenteric artery by volume-rendered 3D-CT: a useful tool in laparoscopic lymph node dissection with preservation of left colic artery, for lower sigmoid rectal cancer.World J Gastroenterol 12(4)Jan:553-555.2006
  •  Kobayashi M, Oba K, Sakamoto J, Kondo K, Nagata N, Okabayashi T, Namikawa T, Hanazaki K.Pharmacokinetic study of weekly administration dose of paclitaxel in patients with advanced or recurrent gastric cancer in Japan.Gastric Cancer 10(1)Feb:52-57.2007
  •  Kobayashi M, Araki K, Okamoto K, Okabayashi T, Akimori T, Sugimoto T.Anti-reflux pouch-esophagostomy after proximal gastrectomy with jejunal pouch interposition reconstruction.Hepato-Gastroenterology 54(73).2007
  •  Kobayashi M, Okamoto K, Namikawa T, Okabayashi T, Sakamoto J, Hanazaki K.Laparoscopic D3 lympha node dissection with preservation of the superior rectal artery for the treatment of proximal sigmoid and descending colon cancer.J Laparoendosc Advanced Surg Tech A 17(4)Aug:461-466.2007
  •  Kobayashi M, Sakamoto J, Namikawa T, Okamoto K, Kitagawa H, Hokimoto N, Okabayashi T, Hanazaki K.Modified Funada's Gastropexy Needle for Mesh Fixation in the Subcutaneous Layer Using Thread During Laparoscopic Incisional Hernia Repair.Surg Laparosc Endosc Percutan Tech. 17(4)Aug:296-299 .2007
  •  Kobayashi M, Okamoto K, Namikawa T, Okabayashi T, Sakamoto J, Akimori T, Hanazaki K.
  •  Anti-reflux pouch-esophagostomy after Gastrectomy.Surg Tech Int 16:89-92.2007
  •  Kobayashi M, Hazama S, Takahashi K, Oba K, Okayama N, Nishioka M, Hinoda Y, Oka M, Okamoto K, Maeda H, Nakamura D, Sakamoto J, Mishima H.Is there diversity among UGT1A1 polymorphism in Japan?World J Gastrointest Oncol 4(7)Jul:170-175.2012
  •  Tsuburaya A, Yoshida K, Kobayashi M, Yoshino S, Takahashi M, Takiguchi N, Tanabe K, Takahashi N, Imamura H, Tatsumoto N, Hara A, Nishikawa K, Fukushima R, Nozaki I, Kojima H, Miyashita Y, Oba K, Buyse M, Morita S, Sakamoto J.Sequential paclitaxel followed by tegafur and uracil (UFT) or S-1 versus UFT or S-1 monotherapy as adjuvant chemotherapy for T4a/b gastric cancer (SAMIT): a phase 3 factorial randomised controlled trial.Lancet Oncol 15(8)Jul:886-893.2014
  •  Fukudome I, Kobayashi M, Dabanaka K, Maeda H, Okamoto K, Okabayashi T, Baba R, Kumagai N, Oba K, Fujita M, Hanazaki K.Diamine oxidase as a marker of intestinal mucosal injury and the effect of soluble dietary fiber on gastrointestinal tract toxicity after intravenous 5-fluorouracil treatment in rats.Med Mol Morphol 47(2)Jun:100-107.2014
  •  Maeda H, Hazama S, Shavkat A, Okamoto K, Oba K, Sakamoto J, Takahashi K, Oka M, Nakamura D, Tsunedomi R, Okayama N, Mishima H, Kobayashi M.Differences in UGT1A1, UGT1A7, and UGT1A9 Polymorphisms between Uzbek and Japanese Populations.Mol Diagn Ther 18(3)Jun:333-342.2014
  •  Maeda H, Kobayashi M, Sakamoto J.Evaluation and treatment of malignant ascites secondary to gastric cancer.World J Gastroenterol 21(39)Oct:10936-10947.2015
  •  Maeda H, Sato M, Kobayashi M, Takiguchi N, Yoshikawa T, Yoshino S, Yoshida K, Tsuburaya A, Sakamoto J, Morita S.Validity of the Japanese version of functional assessment of cancer therapy-gastric (FACT-Ga) and its sensitivity to ascites volume change: a retrospective analysis of Japanese clinical trial participants.Support Care Cancer 24(11)Nov:4515-4521.2016
その他(個人WebSite、活動概要、社会活動等)
日本臨床分子形態学会理事、日本癌治療学会代議員、日本胃癌学会評議員、日本内視鏡外科学会代議員・技術審査委員会委員・国際委員会委員、日本消化器病学会評議員、日本臨床外科学会評議員、がん診療連携拠点病院協議会委員、高知県国民健康保険診療報酬審査委員会委員、日本外科学会臨床研究推進委員会委員、高知県がん対策推進協議会会長、高知がん診療連携協議会委員、高知県在宅緩和ケア推進連絡協議会委員、高知地方裁判所専門委員、日華親善協会全国連合会 副会長 

菅沼 成文NARUFUMI SUGANUMA

高知大学医学部長
大学院総合人間自然科学研究科
医科学専攻長

菅沼 成文
取得学位
博士(医学)
専門分野
産業医学、環境医学、衛生学
研究・教育
  • 職業性呼吸器病の画像分類の研究
  • 職業性呼吸器病の疫学
  • メンタルヘルス・過重労働の研究
  • アレルギーに関する遺伝と環境の相互作用に関する研究
  • 高知大学教授(教育研究部医療学系連携医学部門)
  • 兼任)高知大学副学長(研究担当)(2012年3月迄、2014年4月-2016年3月迄)
  • 兼任)高知大学副学長(国際連携担当)(現在に至る)
  • 兼務)岡山大学、香川大学、高知県立大学非常勤講師
研究キーワード
びまん性肺疾患、画像診断、コンピュータ処理診断、画像処理
著書
  • Preconception gynecological risk factors of postpartum depression among Japanese women: The Japan Environment and Children's Study (JECS).
    J Affect Disord. 217:34-41,2017
  • Rationale for Determining the Functional Potency of Mesenchymal Stem Cells in Preventing Regulated Cell Death for Therapeutic Use.
    Stem Cells Transl Med. pii: sctm.2016-0289, 2016
  • Fibrotic gene expression coexists with alveolar proteinosis in early indium lung.
    Inhal Toxicol; 28(9):421-428,2016
  • Endocytosis of indium-tin-oxide nanoparticles by macrophages provokes pyroptosis requiring NLRP3-ASC-Caspase1 axis that can be prevented by mesenchymal stem cells.
    Sci Rep. :6 doi:10.1038/srep26162,2016
  • Regulation of Gene Expression by Sodium Valproate in Epithelial-to-Mesenchymal Transition.
    Lung Oct;193(5):691-700,2015
その他(個人WebSite、活動概要、社会活動等)
  • 1993年 東京都立大塚病院 研修医(1995年2月迄)
  • 1996年 西大寺中央病院内科非常勤医師(1999年3月迄)
  • 1998年 医療法人水和会水島中央病院内科医師(1999年3月迄)
  • 1999年 文部教官 福井医科大学医学部助手(医学科環境保健学講座)
  • 2003年 福井大学医学部助手(国際社会医学講座環境保健学)
  • 2004年 福井大学医学部講師(国際社会医学講座環境保健学)
  • 2006年 福井大学医学部助教授(国際社会医学講座環境保健学)
  • 2007年 福井大学医学部准教授(国際社会医学講座環境保健学)
  • 2007年 高知大学医学部教授(医療学講座予防医学・地域医療学分野)
  • 2009年 高知大学教授(教育研究部医療学系連携医学部門)
  • 2010年 兼任)高知大学副学長(研究担当)(2012年3月迄、2014年4月-2016年3月迄)
  • 兼任)高知大学副学長(国際連携担当)(現在に至る)
  • 兼務)岡山大学、香川大学、高知県立大学非常勤講師
  • 兼務)認定特定非営利法人BRIDGE創立者・理事、株式会社UNIVEX代表取締役
  • 兼務)田野病院、細木病院、土佐市民病院、高知検診クリニック非常勤医師
  • 1993年 日本内科学会会員(現在に至る)
  • 1997年 日本衛生学会会員、評議員、理事(2015年より)
  • 1999年 日本産業衛生学会会員、代議員(2004年11月より2006年10月迄、2007年11月より現在)日本産業衛生学会専門医No. 265(2007年11月28日)、同指導医 No. 10013(2008年4月1日)、理事、四国地方会長
  • (2011年5月より現在に至る)
  • その他、日本国際保健医療学会、日本臨床薬理学会、世界労働衛生会議、米国胸部学会、北米放射線学会各会員
  • 委嘱)全国労働衛生機関連合会胸部エックス線専門委員会委員、国際労働機関じん肺専門家、高知県立大学及び高知工科大学倫理委員会委員

鈴木 裕介YUSUKE SUZUKI

ハイズ株式会社
事業戦略部長

主な授業科目

必修科目
鈴木 裕介
取得学位
  • 医師国家試験免許合格(医籍登録番号第470927番)
  • 国家資格キャリアコンサルティング技能士2級
専門分野
医療経営、ヘルスケアビジネス
医療広報、チームビルディング、メンタルヘルス、SNSマーケティング
研究・教育
FFSを用いた組織編成理論、医療者のキャリアパス、メンタルヘルス
研究キーワード
医療経営、医療広報、組織行動論(チームビルディング)、メンタルヘルス
著書
  • 日経メディカルcadettoオンライン「キャリア迷子のための処方箋」連載中
  • DVD「無敵の研修医ストレスマネジメント」(ケアネット)
  • 監修「3ステップで成果を上げる!チームビルディング超入門」(メディカ出版)
  • 共著「Youtubeでみる身体診察」(メジカルビュー)
その他(個人WebSite、活動概要、社会活動等)
  • ・慶應義塾大学経営管理研究科「ケースメソッド教授法」修了
  • ・慶應義塾大学経営管理研究科「ヘルスケアマネジメント」修了
  • ・慶應義塾大学経営管理研究科「ヘルスケアポリシー」修了
  • ・宣伝会議クリエイティブ・ディレクター養成講座修了
  • ・WEデザインスクール修了
  • ・一般社団法人 高知医療再生機構 企画戦略担当特任医師
  • ・株式会社ケアネット ソーシャルメディア戦略担当

谷原 真一SHINICHI TANIHARA

久留米大学医学部
公衆衛生学講座主任教授

主な授業科目

選択科目
谷原 真一
取得学位
博士(医学)
専門分野
医療経済
研究・教育
診療報酬明細書(レセプト)データの有効活用、感染症サーベイランスの評価、患者調査の方法論の検証など
ヘルスデータ分析、医療経済学など
研究キーワード
診療報酬明細書(レセプト)データの有効活用、感染症サーベイランスの評価、患者調査の方法論の検証など
著書
厚生労働統計協会 図説国民衛生の動向 (2000年以降毎年)、保険と年金の動向 (2010年以降毎年)
その他(個人WebSite、活動概要、社会活動等)
  • 2013年10月~現在:福岡県後期高齢者医療検討委員会 副委員長
  • 2014年4月~現在:公益財団法人福岡県すこやか健康事業団労働衛生専門部会 委員
  • 2015年3月-2016年3月:筑前町国民健康保険運営協議会 委員

裵 英洙HAI EISHU

ハイズ株式会社
代表取締役

主な授業科目

必修科目
裵 英洙
取得学位
  • 医学博士
  • 経営学修士
専門分野
病院経営、ヘルスケアビジネス戦略
研究・教育
ケースメソッドによる医療経営人材育成
研究キーワード
医療経営、ケースメソッド、ブランディング
著書
  • ・日経メディカルオンライン 連載中
  • ・日経ヘルスケア 連載中
  • ・日経ドラッグインフォメーションプレミアム 連載中
  • ・日経ドラッグインフォメーションオンライン 連載中
  • ・単著「医療職が部下を持ったら読む本」(日経BP社)
  • ・単著「トリアージ仕事術」(ダイヤモンド社)
  • ・単著「なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか?」(ダイヤモンド社)
  • ・単著「一流の睡眠」(ダイヤモンド社)
  • ・単著「医療職が部下に悩んだら読む本」(日経BP社)
  • ・共著「MBA流ケースメソッドで学ぶ 医療経営入門」1.2(日経BP社)
  • ・監修「3ステップで成果を上げる!チームビルディング超入門」
  • その他、連載・講演多数
その他(個人WebSite、活動概要、社会活動等)
<その他役職>
  • ・厚生労働省「医師需給分科会」構成員
  • ・厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」構成員
  • ・厚生労働省「新たな医療のあり方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」委員
  • ・厚生労働省「平成24・25・26年度医療施設経営安定化推進事業」研究班委員
  • ・公益財団法人 健康予防医学財団 理事
  • ・一般社団法人「ネット依存から子どもを守る会」代表理事
  • ・NPO法人「がんの早期診断・治療に必要な病理診断の総合力を向上させる会」理事
  • ・高知県梼原町「梼原町役場が町民より信頼される良い組織となるための第三者委員会」委員
  • ・慶應義塾大学 特任教授
  • ・高知大学医学部 客員教授
  • ・北里大学医学部医療経営講座 特任講師
  • ・日本福祉大学 客員講師
  • ・長崎大学医学部 非常勤講師
  • ・高知県 医療RYOMA大使
<本務先WebSite> https://www.highz-inc.jp/index.html

平尾 智広TOMOHIRO HIRAO

香川大学大学院医学系研究科
公衆衛生学講座教授

主な授業科目

必修科目
選択科目
平尾 智広
取得学位
医学博士
専門分野
社会医学(公衆衛生、病院管理、医療経済、危機管理)
研究・教育
  • 肝炎ウイルス関連疾患の医療経済評価
  • 大規模災害時における保健医療福祉システム
  • わが国の疾病負担(disease burden)に関する研究
  • 社会医学:香川大学医学部医学科、看護学科、医学研究科
  • 災害医学:四国防災・危機管理特別プログラム
研究キーワード
医療の質、医療安全、健康危機管理、保健医療政策、疾病負担、医療技術評価
著書
  • 医療職のための公衆衛生・社会医学 第5版, 医学評論社, 2016.03
  • 医療を管理する 安全を測る, メディカ出版, 2014.07
  • 医療安全管理事典, 朝倉書店, 2006
  • 医療を経済する, 医学書院, 2006
その他(個人WebSite、活動概要、社会活動等)
  • 1985年 天理よろづ相談所病院レジデント
  • 1987年 北海道大学医学部第一外科医員
  • 1992年 ハーバード公衆衛生学校
  • 1999年 国立医療・病院管理研究所医療政策研究部協力研究員
  • 2000年 香川医科大学衛生・公衆衛生学助手
  • 2003年 香川大学医学部医療管理学准教授
  • 2009年 香川大学医学部公衆衛生学教授(現職)
  • 2010-2017年 香川大学医学部附属病院副病院長
  • 2008-2016年 香川大学危機管理研究センター研究員
  • 2016年 四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構併任研究員(現職)
  • 日本医療・病院管理学会評議員
  • 国際緊急援助隊医療チーム
  • 日本体育協会公認スポーツドクター(サッカー、アイスホッケー)
  • 労働衛生コンサルタント

物部 真一郎SHINICHIRO MONOBE

高知大学医学部特任准教授(非常勤)
株式会社エクスメディオ 代表者

主な授業科目

必修科目
物部 真一郎
取得学位
  • Stanford Graduate School of Business MBA
  • 高知大学医学部医学科卒業 医師免許取得
専門分野
Entrepreneurship / Venture finance / Digital Health
研究キーワード
Entrepreneurship / Venture finance / Digital Health / Telemedicine / Medical Divice / Startup Management
その他(個人WebSite、活動概要、社会活動等)
Stanford GSB在学中の2014年12月に株)exMedio創業。医師向けのスマホサービスとしては日本最大級のユーザー数である”ヒポクラ”を運営。現在、代表取締役社長。
  • 2016年10月 IPA「先進的IoTプロジェクト支援事業」採択
  • 2016年9月 経産省 第2回先進的IoTプロジェクト選考会議 Finalist
  • 選出・審査員特別賞受賞
  • 2015年9月 総務省 ICTイノベーション創出チャレンジプログラム採択
  • 2015年3月 情報通信研究機構 起業家万博にて総務大臣賞受賞

森木 妙子TAEKO MORIKI

高知大学医学部
看護学専攻・教授

主な授業科目

選択科目
森木 妙子
取得学位
看護学博士
専門分野
看護管理学
研究・教育
1.平成25~28年度、 基盤研究(C) 経営意識に及ぼす因子の抽出と病院の経営実態との関連
  • 1.森木妙子,山田覚:看護師のコスト意識の構造.高知女子大学看護学会誌.32(1).40-47.2007
  • 2.森木妙子:看護管理者のコスト意識.看護・保健科学研究誌、8(1).13-21.2008
  • 3.森木妙子,山田覚:コスト意識と看護実践における時間のかけ方との関係.高知女子大学看護学会誌33(1).48-56.2008
  • 4.森木妙子、十亀美千代:スタッフが捉えた副看護師長の役割.ナーシングビジネス3(4).68-75.2009
  • 5.森木妙子,山田覚:看護師長が行う看護管理の工夫を構成する因子.高知女子大学看護学会誌.41(1).130-141.2015
  • 6.森木妙子:患者・家族からスムーズに情報収集できない場面での対応.看護きろくと看護過程.25(6).19-23.2016
  • 7.森木妙子:看護管理の工夫に関する文献検討.キャリアと看護研究.6(1).24-33.2016
  • 8.戸田直子,下田真梨子,森木妙子:医中誌から見た中堅看護師の教育に関する文献検討.キャリアと看護研究.6(1).48-61.2016
  • 9.工藤淑恵,下田真梨子,森木妙子:看護管理者のキャリア開発に関する文献検討.キャリアと看護研究.6(1).34-47.2016
研究キーワード
看護師長、看護管理、経営意識、コスト意識
著書
  • 1.橋本和子、森木妙子他:改訂2版これからの看護管理 マネジメントに活かす理論と実践、メディカ出版、2007
  • 2.橋本和子、森木妙子他:これからの看護学概論、ふくろう出版、2013
  • 3.橋本和子、森木妙子他:これからの看護倫理学、ふくろう出版、2014
その他(個人WebSite、活動概要、社会活動等)
  • ・平成21年から現在:高知県看護協会認定看護管理者教育ファーストレベル・セカンドレベル研修講師
  • ・平成24年から現在:近森病院看護部クリニカルラダーレベルⅡ看護過程研修講師
  • ・平成25年から現在:実習指導者講習会研修講師(28年度から企画委員)
  • ・平成26年から現在:愛媛県看護協会看護師確保定着推進事業、看護管理者研修講師