用語集

用語集

災害医療について

1.急性期災害医療のコンセプト(CSCATTT)
災害医療に携わる医療関係者は災害医療のコンセプトを共有する必要があります。災害医療は「医療ニーズ」が「供給能力」を上回った状態であり、「最大多数の救命」「一人でも多くの救える命を救うこと」が目標になります。そのためにトリアージ(Triage)を行って医療資源を投入すべき傷病者を選別し、治療(Treatment)や搬送(Transportation)の順位を決定します。これらの医療行為(TTT)を行う体制を整えるために、(1)指示命令系統の確立(Command and Control:C)、(2)安全確保(Safety:S)、(3)情報収集と伝達(Communication:C)、(4)評価(Assessment:A)が重要とされます(CSCA)。このコンセプトがCSCATTTです。
2.広域医療搬送
病院搬入後に本格的な治療が始まりますが、被災地域の病院だけでは対応困難が予想されます。そのために、自衛隊機を用いた広域搬送を国が実行します。南海地震では、高知大学医学部キャンパスと幡多けんみん病院(宿毛市総合運動場)が高知県の広域医療搬送拠点(Staging Care Unit:SCU)になる計画です。県内外からDMAT(災害医療派遣チーム:Disaster Medical Assistance Team)が急遽参集し、SCUでの医療活動や広域医療搬送を担当します。
3.DMAT(災害医療派遣チーム:Disaster Medical Assistance Team)
阪神淡路大震災では、現場における緊急医療や広域医療搬送が十分行われていれば救命できたであろう「防ぎえた災害死」が発生したとされています。そのため、国主導で2005年からDMATの整備が始まりました。2011年末で約1000チームのDMATが整備されています。高知大学には日本DMATが4チームあり、麻酔科の阿部講師が統括しています。DMATは医師、看護師、調整員(ロジ)からなる5名程度の小さなチームですが、専門的な講習を受け定期的な訓練を行っています。広域医療搬送のほか病院支援や現場での救護活動を担います。