• サイトマップ
  • 医学部HP
  • 高知大学HP
  • 全学部入試情報
高知大学TOP > 医学部入試室TOP >アドミッションポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

学部 医学部
 医学部は,医学部の教育理念に基づいて,医学・看護学を学ぶ基礎としての「人類の文化・社会・自然に関する知識」「論理的思考力」「コミュニケーション能力」および「協働実践力」を有する人材を求めます。 学部共通のアドミッション・ポリシーに加えて,学科個々のアドミッション・ポリシーを以下に示します。
 
医学科
【知識・技能】
1.幅広い医学知識を学ぶ基礎となる高等学校教育課程の教科・科目の修得によって培われた十分な知識を有している。

【思考力・判断力・表現力】
1.学習及び生活の中で自ら積極的に問題点をみつけ,解決方法を探求することができる。
2.科学的根拠に基づいて問題を分析的,批判的に考え,解決することができる。
3.自分の考えを論理的に構成し,口頭あるいは図や文章を用いて明確に表現することができる。

【主体性・多様性・協働性】
1.自発的で継続的な自己学習の習慣を身につけている。
2.協調性や他者への深い思いやりがあり,周囲と良好なコミュニケーションをとることができる。
3.多様な背景を持つ他者の能力を認め,同じ目標に向かって協働することができる。

【関心・意欲】
1.生命科学や医学・医療に対する強い関心・意欲を持っている。
2.高い倫理観を有し,自分の発言や行動に責任を持つことができる。
看護学科
 看護学科は,「教養と専門知識を基盤に,看護実践能力と高い倫理観を持ち,人々の健康と生活を支えることができる看護専門職」を養成します。同時に,「社会に生じてくるさまざまな問題を看護の視点でとらえ,多職種と協働しながら課題の解決に向かうよう自ら学びつづけ,よりよい医療・看護を実現できる革新力を備えた人材」の養成を目指します。 本学科では,このような人材養成の基盤となる,以下の能力・態度を有する者を求めます。
           
【知識・技能】
1.医療・看護を理解するために必要な理数系科目と人文系科目の基礎学力を有する。
2.相手の立場に敬意を払い,関心を持って他の人の話を聞くことができ,自分の考えや思いをわかりやすく伝えることできる。

【思考力・判断力・表現力】
1.物事を論理的に考え,自分の考えを説明できる。

【主体性・多様性・協働性】
1.人と触れ合うことが好きであり,人々の健康と生活を支える専門職を目指す意欲がある。
2.他の人と協働しながら,主体的に取り組むことができる。
3.専門職として自ら学び,挑戦することができる。
大学院 総合人間自然科学研究科
修士課程・医科学専攻
 医科学専攻(修士課程)では、その目的に基づき、次のような学生を求めます。

【知識・理解】
 医科学に関連する自然科学ないし人文社会科学分野について、学士課程修了相当の基礎的な知識と文献読解力を有している。

【思考・判断】
 既得の基礎知識をもとに、医科学のトピックスの概要を理解し、自らの研究課題を提案できる。

【関心・意欲、態度】
 ・医科学コース
  専門的な医科学の知識と経験を活かし、医療関連の研究教育施設、企業、病院などにおいて指導的な貢献を果 たす意欲を有する。
 ・公衆衛生学コース
  公衆衛生学の5基本領域である疫学、生物統計学、環境保健学、医療政策・医療管理学、行動科学の知識と技能を活かして、医療データ分析、地域医療、災害医療,国際保健を含めた公衆衛生の実務において指導的な貢献を果たす意欲を有する。

【技能・表現】
 医科学に関する自らの興味について、口頭や文章によって簡潔かつ論理的に伝えることができる。
修士課程 看護学専攻
【看護教育・看護管理学分野】
 看護教育・看護管理分野では、その設置理念・目的に基づき、次の事項を満たす人材を受け入れます。
【知識・理解】
 ・看護研究を支える種々の看護学の基礎理論、専門知識を一定レベル修得している。
【思考・判断】
 ・看護領域における課題・問題を認識しており、自ら研究課題を設定できる。
【関心・意欲・態度】
 ・質の高い看護を提供できる看護専門職の育成という社会要請に応える意欲がある。
 ・保健医療の臨床・教育分野で活躍しており、看護専門職として積極的な向上心がある。
 ・社会性と倫理性を身につけ、豊かな人間性を持ち、看護探求に意欲がある。
 ・自らを律して、修士論文を完成する強い意志がある。
【技能・表現】
 ・十分なコミュニケーション・スキルを有し、多様な人と共同できる。
 ・看護学の実践技術を一定レベル修得している。

【母子看護学分野】
  母子看護学分野では、その設置理念・目的に基づき、次の事項を満たす人材を受け入れます。
【知識・理解】
 ・看護研究を支える種々の看護学・助産学の基礎理論、専門知識を一定レベル修得している。
【思考・判断】
 ・看護・助産学領域における課題・問題を認識しており、自ら研究課題を設定できる。
【関心・意欲・態度】
 ・質の高い看護を提供できる看護専門職の育成という社会要請に応える意欲がある。
 ・保健医療の臨床・教育分野で活躍しており、看護専門職として積極的な向上心がある。
 ・社会性と倫理性を身につけ、豊かな人間性を持ち、看護探求に意欲がある。
 ・自らを律して、修士論文を完成する強い意志がある。
【技能・表現】
 ・十分なコミュニケーション・スキルを有し、多様な人と共同できる。
 ・看護学の実践技術を一定レベル修得している。
 ・助産学の実践技術を一定レベル修得している。(母子看護学分野実践助産学課程志望の助産師資格有の者)

【成人・老人看護学分野】
  成人・老人看護学分野では、その設置理念・目的に基づき、次の事項を満たす人材を受け入れます。
【知識・理解】
 ・看護研究を支える種々の看護学の基礎理論、専門知識を一定レベル修得している。
【思考・判断】
 ・看護領域における課題・問題を認識しており、自ら研究課題を設定できる。
【関心・意欲・態度】
 ・質の高い看護を提供できる看護専門職の育成という社会要請に応える意欲がある。
 ・保健医療の臨床・教育分野で活躍しており、看護専門職として積極的な向上心がある。
 ・社会性と倫理性を身につけ、豊かな人間性を持ち、看護探求に意欲がある。
 ・自らを律して、修士論文を完成する強い意志がある。
【技能・表現】
 ・十分なコミュニケーション・スキルを有し、多様な人と共同できる。
 ・看護学の実践技術を一定レベル修得している。
 
博士課程 医学専攻
医学専攻(博士課程)では、下記のような学生を受け入れて、教育研究を行います。
生命科学コース
 ・医学の分野に限らず、広い学問領域において高い基礎学力を持ち、生命科学分野の研究に取り組む熱意と能力を持っている。
 ・研究の成果を国際的社会貢献、あるいは新しい医療に応用するという視点をもち、基礎的ないしトランスレーショナルリサーチを推進しようとしている。
 ・研究を通して社会との連携や国際交流・協力を推進しようとしている。
医療学コース
 ・高度な専門的知識と技能を身につけた専門医を志している。
 ・社会のニーズを適切に把握し、国際的な視野に立ってトランスレーショナルリサーチを推進しようとしている。
 ・人間の健康や疾病に関わる問題を、広い視野で探索し、解決するための研究を展開しようとしている。
 ・研究によって、国内外の保健・医療・福祉分野・法医学の推進あるいは高度な教育・研究に携わる意思を持って いる。

情報医療学コース
 ・電子化医療データの解析による新たな規則性等の発見手法や「治療評価」、「診断支援」、「医療の質向上」、「稀な事象の検出」の手法、病態推移予測のモデルによる解析手法などを身につけ、臨床検査機器メーカーや製薬企業等の医療系企業での活躍する熱意と能力を持っている。
 ・電子化医療データの解析によって得られた知見を、疫学的あるいは臨床的研究に応用してより精度の高い結果へ発展させる熱意と能力のある人。
 ・集団基盤的な医学研究の新しい分野を開拓し発展させる意欲を持っている。
小児神経精神医学コース
医学部卒業生(医療系大学院修士課程修了者を含む。)及び非医療系大学院において発達障害に関する研究で修士の学位を授与された者で、以下のような人を求めます。
 ・小児科医あるいは児童精神科医を志望し、発達障害についての理解と経験を深めたいと思っている人。
 ・小児科医あるいは児童精神科医のキャリアとして、病院臨床の枠を超えて、児童福祉や行政まで視野に入れ て考えている人。
 ・小児神経精神医学について、国際的な視野を持って実践や研究をしていきたいと考えている人。
 ・臨床的な視点からの発達研究に興味のある人。

 
MD-PhDコース
本学医学部医学科の卒業生のうち先端医療学コースⅣの単位を修得した者で,以下のような人を求めます。
・大学および他の研究機関等において,基礎医学研究者あるいは臨床医学研究者として医学の発展に取り組みたいと思っている人。
・病院および他の医療機関等において,専門医として医学・医療の発展に取り組みたいと思っている人。
・行政機関等において,医療・福祉行政の発展に取り組みたいと思っている人。

入試に関するお問い合わせ

医学科・看護学科

高知大学医学部入試担当
〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮
TEL:088-880-2295 FAX:088-880-2296
E-mail:nys-web@kochi-u.ac.jp