生命科学関連の学会での発表

原子核物理学関連の学会での発表

医療情報学関連の学会での発表

表紙ページへ

生命科学関連の学会での発表
  • 海外での学会発表
    • Society for Molecular Biology & Evolution
      • Robust inference of the interordinal relations: origin of Supraprimates based on mitochondrial genomes
      • Teruaki Watabe, Hirohisa Kishino, Takahisa Okabayashi, Yoshiyasu Okuhara, Yukio Kurihara, and Yasuhiro Kitazoe
      • June 26-29, 2003 Newport Beach, CA
    • Genomes and Evolution (Society for Molecular Biology & Evolution)
      • V3 loop conformation of HIV-1 and structural features associated with viral tropism (Poster)
      • Teruaki Watabe, Hirohisa Kishino, and Yasuhiro Kitazoe
      • June 17-20, 2004 The Pennsylvania State University, Pennsylvania
    • The 15th International Conference on Genome Informatics
      • Structural diversity as a source of quasispeciation in human immunodeficiency virus type 1 (Poster)
      • Teruaki Watabe, Hirohisa Kishino, and Yasuhiro Kitazoe
      • December 13-15, 2004 Pacifico Yokohama, Yokohama
    • Molecular Biology and Evolution 2005
      • Dissecting evolution of influenza HA+Fab binding ability
      • Teruaki Watabe, Hirohisa Kishino, and Yasuhiro Kitazoe
      • June 19-23, 2005 Auckland, New Zealand
    • The 16th International Conference on Genome Informatics
      • Fold Recognition and Flexibility of the HIV-1 V3-Loop Crown Structure During the Course of Adaptation to a Host (Poster)
      • Teruaki Watabe, Hirohisa Kishino, and Yasuhiro Kitazoe
      • December 19-21, 2005 Pacifico Yokohama, Yokohama
    • Annual Meeting of the Society for Molecular Biology and Evolution (SMBE 2009)
      • Structural consideration on the fitness-landscape of virus (Poster)
      • Teruaki Watabe, and Hirohisa Kishino
      • June 3-7, 2009 Iowa City, IA, U.S.A.
    • Annual Meeting of the Society for Molecular Biology and Evolution (SMBE 2011)
      • Structural considerations in the fitness landscape of a virus
      • Teruaki Watabe, and Hirohisa Kishino
      • July 26-30 (July 27), 2011 Kyoto, Japan
    • Annual Meeting of the Society for Molecular Biology and Evolution (SMBE 2013)
      • Spatial distribution of selection pressure on a protein based on the hierarchical Bayesian model (Poster)
      • Teruaki Watabe, and Hirohisa Kishino
      • July 7-11, 2013 Chicago, IL, U.S.A.

  • 国内での学会発表
    • 日本進化学会
      • 安定した系統樹推定法と真獣類ミトコンドリアへの応用
      • 渡部輝明、岸野洋久、岡林喬久、北添康弘
      • 九州大学、2003.8.1-8.4
    • 日本進化学会
      • 潜伏期間におけるHIV-1 V3 loopのタンパク質構造微細変化と配列進化の関係
      • 渡部輝明、岸野洋久、北添康弘
      • 東京大学、2004.8.4-8
    • 統計関連学会連合大会
      • Change in microstructure of V3 loop of HIV-1 during asymptmatic term
      • 渡部輝明、岸野洋久、北添康弘
      • 富士大学、2004.9.3-6
    • 日本進化学会
      • Dissecting evolution of influenza HA+Fab binding ability
      • 渡部輝明、岸野洋久、北添康弘
      • 東北大学、2005.8.26-29
    • 日本進化学会
      • 抗原・抗体結合能の尤度解析とインフルエンザウィルスHAにおける抗原性の変化
      • 渡部輝明、岸野洋久、Leonardo de Oliveira Martins、北添康弘
      • 国立オリンピック記念青少年総合センター、2006.8.29-31
    • 統計関連学会連合大会
      • 抗原・抗体結合能の尤度解析とインフルエンザウィルスHAにおける抗原性の変化
      • 渡部輝明、岸野洋久、北添康弘
      • 東北大学、2006.9.5-8
    • 日本進化学会
      • ウィルススパイク蛋白質の受容体結合vs抗体結合の最適バランスと適応進化の予測
      • 渡部輝明、岸野洋久
      • 京都大学、2007.8.31-9.2
    • 統計関連学会連合大会
      • ウィルススパイク蛋白質の受容体結合vs抗体結合の最適バランスと適応進化の予測
      • 渡部輝明、岸野洋久
      • 神戸大学、2007.9.6-9
    • 日本進化学会
      • 構造データベースに基づく複合体結合能の予測とウィルス適応度マップの構成
      • 渡部輝明、岸野洋久
      • 東京大学、2008.8.22-24
    • 統計関連学会連合大会
      • 構造データベースに基づく複合体結合能の予測とウィルス適応度マップの構成
      • 渡部輝明、岸野洋久
      • 慶応大学、2008.9.7-10
    • 第10回日本蛋白質科学会年会
      • タンパク質共進化と分子進化速度の時空間変動
      • 渡部輝明、岸野洋久
      • 札幌コンベンションセンター、2010.6.16-18
    • 日本進化学会
      • 局所尤度と階層ベイズによる多様化圧の空間マッピング
      • 渡部輝明、岸野洋久
      • 東京工業大学、2010.8.2-5
    • 統計関連学会連合大会
      • タンパク質にかかる多様化圧の空間分布とベイズ推定
      • 渡部輝明、岸野洋久
      • 早稲田大学、2010.9.5-8
    • 日本進化学会
      • タンパク質構造情報に基づいたウイルス適応度地形の解析
      • 渡部輝明、岸野洋久
      • 京都大学、2011.7.29-31 (7.30)
    • 日本進化学会
      • 階層ベイズモデルによるタンパク質にかかる多様化圧の時空間集積性の推定
      • 渡部輝明、岸野洋久
      • 首都大学東京、2012.8.21-24 (8.21)
    • 日本進化学会
      • インフルエンザヘマグルチニンタンパク質上における選択圧の分布と変遷の検出
      • 渡部輝明、岸野洋久
      • 高槻現代劇場、2014.8.21-24 (8.21)
    • 日本遺伝学会
      • タンパク質立体構造情報を考慮した突然変異選択圧分布の解析
      • 渡部輝明、岸野洋久
      • 長浜バイオ大学、2014.9.17-19 (9.19)

このページの最上段

医療情報学関連の学会での発表
  • 海外での学会発表
  • 国内での学会発表
    • 日本医療情報学会シンポジウム2001
      • 階層構造を持つ情報の参照・検索に関する新しい提案(ポスター)
      • 渡部輝明、奥原義保、温明源、北添康弘
      • 2001年6月名古屋
    • 第21回医療情報学連合大会
      • 遺伝子情報の解析によるウィルス進化の研究
      • 渡部輝明、北添康弘
      • 2001年11月東京
    • 2007年度日本計量生物学会シンポジウム
      • 糖化ヘモグロビン検査値の時系列データを用いた糖尿病の危険予測
      • 渡部輝明、岸野洋久、中島典昭、奥原義保、北添康弘、相良祐輔
      • 2007年5月東京
    • 第28回医療情報学連合大会
      • 潜在曲線モデルによるヘモグロビンA1c(HbA1c)の閾値に基づく糖尿病発祥時期予測法の提案
      • 渡部輝明、岸野洋久、奥原義保、相良祐輔
      • 2008年11月横浜
    • 第31回医療情報学連合大会
      • 糖化ヘモグロビン検査値における生理的変動の確率論的振る舞いとその評価方法
      • 渡部輝明、奥原義保
      • 2011年11月鹿児島

このページの最上段