高知大学医学部 看護学科 臨床看護学講座 溝渕研究室

高知大学医学部 看護学科 臨床看護学講座 溝渕研究室

高知大学医学部 看護学科 臨床看護学

教授 溝渕 俊二

 高知大学医学部看護学科臨床看護学教室に平成19年5月に着任し、看護学科生の教育を担当しています。それまでは、高知大学医学部外科学講座(外科2)に所属し、23年間消化器外科医として臨床に携わりました。
 研究は、外科医時代に取り組んでいた臨床栄養を基礎系まで広げて、栄養免疫の観点から取り組んでいます。そして約10年間一貫して、県内企業との産学連携で県内素材の機能性について研究をしてきました。特に馬路村農業協同組合とは、平成21年12月からユズ成分の有用性に関する研究を進めています。その結果、ユズ成分に抗酸化能、抗アレルギー効果などがあることを見出しました。このホームページでは、それらの研究成果をご紹介します。


学  位

1988年  博士(医学) 高知医科大学

略  歴

1984年

高知医科大学 卒業(1期生)
高知医科大学第二外科入局

1984年〜1988年

高知医科大学大学院医学研究科

1988年

高知医科大学助手

1989年~1992年

国立がんセンター(現、国立がん研究センター)レジデント

1992年~1994年

国立がんセンターがん専門修練医

1994年~1997年

財団法人防府消化器病センター防府胃腸病院、石踊病院にて研修

1997年

高知医科大学附属病院医員

1998年

高知医科大学助手

2001年

高知医科大学講師

2005年

高知医科大学助教授

2007年

高知大学教授

所属学会

日本静脈経腸栄養学会、日本免疫学会、日本病態栄養学会、日本がん治療学会、日本外科学会、
日本消化器外科学会、日本胸部外科学会、日本食道学会、日本消化器内視鏡学会、日本看護科学学会