医科初期研修プログラム

プログラムの概要 ― 研修システムの特徴

研修医それぞれが異なる将来像を描いているはずです。おなじ理念のもとで研修していても、個人に適した研修内容があります。
どのような希望にも応えられるよう10のプログラムを用意し、各分野のアドバイザーがよりよいローテート研修プラン立案をお手伝いします。
安心・安全な研修のためのオリエンテーションが組まれています。救急研修もステップを踏んで、救急の現場に出ていただきます。
医師賠償保険加入の費用補助もあります。
大学病院を中心とする研修病院群を形成し、さまざまな医療機関での臨床研修を組み入れることができます。
「地域で生活しながら、へき地医療を学ぶ」、真の地域医療研修を用意しています。6つの地域から選択することができます。
研修医ルーム、学習スペース、ネット環境といった環境整備も充実しています。
研修医と研修センターとの月1回のミーティングを通じて、研修システムの改善や環境整備の推進を行っています。
夏休みを1週間確保し、リフレッシュすることを推奨しています。
研修医の学会等への出張を奨励し、出張費を支給しています。