医科初期研修プログラム

プログラムの概要 ― プログラム一覧

高知大学産婦人科重点研修プログラム概要

定員2人

 将来、産婦人科医をめざす研修医のための研修プログラムです。臨床研修の基本理念に基づいた到達目標を達成しつつ、専門研修を見据えた基本的診療能力の習得をめざします。ローテート研修のプラン作りにあたっては産婦人科のアドバイザーがお手伝いいたします。
詳しくは資料「高知大学の臨床研修」をご覧ください。

 本プログラムの2年間の一般目標として以下の6項目を掲げています。

  1. 女性の総合診療を行うために、女性特有の疾患についての理解を深め、総合的な女性診療を行う態度と技術を身につける
  2. 低リスク妊娠および分娩を取り扱うために、妊娠・分娩のリスクを診断し、専門医に委ねる必要性および時期を判断する知識と必要な応急処置の技術を身につける
  3. 頻度の高い婦人科疾患の診断、治療を行うために、鑑別診断を挙げ検査計画を作成するとともに治療計画を作成できる
  4. 不妊患者の治療を行うために、不妊の原因検索を系統的に計画し、その結果を評価できる
  5. 更年期における不定愁訴の鑑別を行うために、鑑別診断を想定した検査を計画し、その結果を評価できる
  6. 産婦人科医として新生児医療に貢献できるようになるために、正常新生児・未熟児の生理を理解し、新生児医療に必要な基本的知識を習得する

ローテート研修

(1)必修科目
必修科目は、内科、救急、地域医療の3つに加え、産婦人科、PICU、小児科を研修します。

内科 6か月(1年目)[6科のうち、3科を選択]

救急 3か月
オリエンテーションおよび共通カリキュラム(1年目) 麻酔科 1か月(1年目) 救急 2か月(麻酔科1か月研修後)[高知大学病院、高知医療センター、近森病院、高知赤十字病院、幡多けんみん病院、日本医科大学付属病院]

地域医療 1か月(2年目)[高知県へき地医療研修プログラム、地域志向性地域医療研修プログラム、在宅医療研修から選択可]

産婦人科 2か月(選択必修の1か月を含む)

PICU 2か月

小児科 1か月(選択必修の1か月を含む)

(2)選択必修科目

必修に掲げた小児科および産婦人科で基準を満たしているため、その他の科目(外科、麻酔科、精神科)については、自由選択科目として扱います。

(3)自由選択科目

 必修科目および選択必修科目以外の研修期間は、自由選択科目の研修を行うことができます。2年間の研修の目的や将来のキャリアを考えながら、科目を選択することが必要となります。そのために、それぞれの分野のキャリアパスやローテート推奨パターンを解説した資料「高知大学の臨床研修」をご参照下さい。
 選択できる科目は以下の科(部)ですが、協力型研修病院(施設)での研修を選択することも可能です。詳細については、資料「高知大学の臨床研修」をご参照下さい。

自由選択科目
第一内科、第二内科、第三内科、老年病・循環器内科、神経内科、小児科、精神科、皮膚科、放射線科、外科1、外科2、形成外科、麻酔科、産婦人科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、泌尿器科、検査部、総合診療部・地域医療、病理診断部、緩和ケア、救急