医科初期研修プログラム

プログラムの概要 ― プログラム一覧

高知大学・幡多けんみん病院複合研修プログラム概要

定員2人

 高知大学病院の研修の良いところと、幡多けんみん病院の研修の良いところを合わせた「良いとこ取り研修」(たすきがけ研修)です。

 幡多けんみん病院は高知県の西南地区に位置し、基幹病院として地域で完結する医療をめざしています。診療科間に垣根のない指導体制で、臨床研修をサポートしています。

 1年目を大学病院、2年目を幡多けんみん病院で研修するか、もしくは逆のパターンで研修できます。パターンの選択やローテート研修のプラン作りにあたっては、医療人育成支援センターのアドバイザーもしくは各分野の専任アドバイザーがお手伝いいたします。 詳しくは資料「高知大学の臨床研修」をご覧ください。

■研修時期の決定について

 1年目に大学病院で研修するのか、幡多けんみん病院で研修するのか、迷うところかと思います。それぞれの病院の特徴がありますので、よく考えて検討して下さい。

 どちらを先に研修するのかは、マッチング決定後に意向調査をいたしますが、その時点では決めません。3月の医師国家試験合格発表後、たすきがけプログラムにマッチされた方に意向をお伺いします。 必要に応じて4月1日までに皆さんにお集まりいただき、調整作業を行います。

■プログラムのねらい

 基幹型研修病院にはそれぞれの理念があり、フィールドとする環境によって患者さんや疾病構造にも相違があります。指導医やコメディカルスタッフにも違いがありますし、処遇面でも違いがあります。したがって複数の研修病院・施設での研修は貴重な経験となります。従来の大学病院の研修プログラムでも、一定以上の期間を協力型研修病院や協力施設で研修することが可能です。ただし短期間のローテート研修は、その病院のシステムやスタッフに慣れる間もなく過ぎてしまい、ストレスの連続となります。そこで“たすきがけ研修”では、1年ごとに「基地」を決め、その間は所属病院の医師として患者さんや職員と交流し、腰を据えて特徴ある医療を経験することができます。大学病院でじっくり考え、幡多けんみん病院でプライマリケアから救急医療まで、地域に根ざした完結する医療を経験することは、3年目以降の大きな自信につながるものと期待できます。

■プログラムの目標

 大学病院および幡多けんみん病院で1年ずつ特色のある研修を行いながら、厚生労働省の示す「到達目標」を達成する。

  1. 大学病院では、ひとり一人の患者さんについて全人的医療の実践を行うとともに科学的見地から考察し、議論を通じて患者さんや疾病に向かいあう基本姿勢を身につける。さらに症例をまとめプレゼンテーションする能力を養うことで、「考える医師」としての基礎を築く。
  2. 幡多けんみん病院では、地域の基幹病院として多くのcommon diseaseや救急疾患を経験し、臨床の知識や手技を積み重ね、プライマリ・ケアの実践力を身につける。
  3. 異なる形態の医療機関での職務を経験することで、チーム医療の重要性とバリエーションを学び、もって医療人としての見識や、柔軟な対応能力を身につける。

■ローテート研修

(1)必修科目
必修科目は、内科、救急、地域医療の3つです。

※1年目大学病院+2年目幡多けんみん病院の場合※

内科 6か月(1年目に大学病院:3科×2か月)

救急 3か月
オリエンテーションおよび共通カリキュラム(1年目に大学病院) 救急 3か月(2年目に幡多けんみん病院)

地域医療 1か月(2年目)[高知県へき地医療研修プログラム]

※1年目幡多けんみん病院+2年目大学病院の場合※

内科 6か月(1年目に幡多けんみん病院)

救急 3か月(1年目に幡多けんみん病院)

地域医療 1か月(2年目)[高知県へき地医療研修プログラム、地域志向性地域医療研修プログラム、在宅医療研修から選択可]

(2)選択必修科目
大学病院または幡多けんみん病院で選択する。基本1か月だが希望により延長可(自由選択として延長)1年目の7か月目以降が望ましい。

外科

麻酔科

小児科

産婦人科

精神科 (聖ヶ丘病院または大学病院)

(3)自由選択科目

 必修科目および選択必修科目以外の研修期間は、自由選択科目の研修を行うことができます。2年間の研修の目的や将来のキャリアを考えながら、科目を選択することが必要となります。そのために、それぞれの分野のキャリアパスやローテート推奨パターンを解説した資料「高知大学の臨床研修」をご参照下さい。
 選択できる科目は以下の科(部)ですが、研修協力病院(施設)での研修を選択することも可能です。詳細については、資料「高知大学の臨床研修」をご参照下さい。

大学病院の自由選択科目
第一内科、第二内科、第三内科、老年病・循環器内科、神経内科、小児科、精神科、皮膚科、放射線科、外科1、外科2、形成外科、麻酔科、産婦人科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、泌尿器科、検査部、総合診療部・地域医療、病理診断部、緩和ケア、救急

幡多けんみん病院の自由選択科目
内科、循環器科、呼吸器科、消化器科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、産婦人科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科、神経内科