高知大学医学部弓道部規約

平成25年8月7日施行

第1章 総則
(名称)
第1条 本団体は、高知大学医学部弓道部と称する。

(所在地)
第2条 本団体は、本部を高知県南国市岡豊町小蓮185番地1に置く。

第2章
(目的)
第3条 この団体は、弓道を通して、体力、精神力の向上、部員相互の親睦を図ることを目的とする。

(事業)
第4条 この団体は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
  1、部活動の開催
  2、試合への出場
  3、部会、親睦会の開催
  4、その他前条の目的を達成するために必要な事業

第3章 組織
(組織)
第5条 この団体は、高知大学医学部体育会に属するものとする。

第4章 部員
(部員)
第6条 この団体は、高知大学医学部の学生であり、第3条の目的に賛同する者をもって部員とする。

(入部)
第7条 この団体の部員になろうとする者は、役員会にその旨を申し出て、承認されなければならない。

(退部及び休部)
第8条
 第1項 この団体の部員は、役員会に申し出て承認されれば脱退することができる。
 第2項 この団体の部員は、健康上の理由等で長期間にわたり第4条に定められた事業への参加が困難である場合には
      役員会に申し出て、承認されれば休部することができる。休部中は第4条に定められた事業への参加は認められないが、
      役員会が特に認めた場合にはこの限りではない。
 第3項 役員会は必要に応じて活動への参加が困難と認められる部員に対して休部等の措置を講じるよう勧告する事ができる。

(除名及び懲戒)
第9条
 第1項 この団体に著しく不利益となるような行動をとるなどをした者は、役員会及び部会の議決を経て、
      部長がこれを除名することができる。
 第2項 この団体に不利益となるような行動をとるなどした者には、役員会の議決を経て、部長が懲戒を加えることができる。
 第3項 前項の懲戒処分により、部員資格が停止されている間は、第4条に定められた事業への参加は認められないが、
      役員会が特に認めた場合にはこの限りではない。

(会費)
第10条 この団体の部員は、別に定める会費を納入しなければならない。

第5章 役員及び顧問
(顧問)
第11条 この団体は別に定める大学教官に顧問を依嘱する。

(役員)
第12条 この団体は次の役員を置く。
    長(主将) 高橋成彦
   副部長(副将) 川嶋千晶
   副部長(副将) 相馬志帆
   副部長(副将) 高畑翔太
   会 計     内山大樹(銀行口座代表者)
   主 務 (内務)  野口信彦
   主 務 (外務)   早津龍之介
   副 務 (内務)   近藤歌穂
   副 務 (内務)   玉井結
10 副 務 (外務)   森川彰大
11 会計監査        林遼太郎

(部長及び副部長)
第13条
 第1項 部長はこの団体を代表する。副部長は部長を補佐し、事情により部長が職務を遂行できない場合など、その職務を代行する。
 第2項 部長は、その権限の一部を別に定める副部長に委任し、又はこれに臨時に代理させることができる。

(会計)
第14条
 第1項 会計は、この団体の会計事務に従事する。
 第2項 会計監査は、この団体の会計を監査する。

(主務及び副務)
第15条
 第1項 主務は、この団体の対外事務をはじめとする事務全般を担う。副務は、主務を補佐する。
 第2項 主務は、その権限に属する事務の一部を別に定める部員に委任し、又はこれに臨時に代理させることができる。

(役員の任期及び選任、解任)
第16条
 第1項 この団体の役員の任期は1年とし、任期期間は別に定める。なお、再任及び兼任は妨げない。
      ただし、会計と会計監査は同一の者が兼ねる事が出来ない。
 第2項 この団体の役員は別に定める方法で部員中より互選され、部会の承認を経てその任に就く。
 第3項 この団体の役員は次に定める場合にはその職を失う。
     1、全部員の4/5以上が出席した部会において、出席者の4/5以上が当該役員の解任に同意した時。
     2、当該役員が健康上の理由等でその職務を継続することが困難である旨を役員会に申し出て承認された場合。

第6章 部会及び役員会
(役員会)
第17条
 第1項 役員は、必要に応じて役員会を開催することができる。
 第2項 役員は、必要に応じて部員を役員会に召喚し、意見を述べさせることができる。

(部会)
第18条 役員は、必要に応じて全部員に出席を求めて部会を開催することができる。

第7章 活動
(活動)
第19条
 第1項 この団体は、別に定める日時に部活動を開催する。
 第2項 この団体の部員は、役員会が特に認めた理由のない限り部活動に参加しなければならないが、
      医学科4年次生の8月末日以降及び看護学科3年次生の8月末日以降の部活動への参加は任意とする。

第8章 雑則
(規約の変更)
第20条 本規約は、全部員の2/3以上が出席した部会において、出席者の2/3以上の賛成が得られた場合、改正することができる。

(細則)
第21条 役員会はこの団体の運営にあたって特に必要な事項を細則で定めることができる。

(団体の解散)
第22条 この団体を解散するには、全部員の2/3以上が出席した部会において、出席者の2/3以上の同意を得なければならない。

(附則)本規約は平成15年11月15日より施行する。
(附則)本規約は平成23年10月1日より施行する。
(附則)本規約は平成24年5月18日より施行する。
(附則)本規約は平成25年5月25日より施行する。
(附則)本規約は平成25年8月7日より施行する。